【プリンセス・プリンシパル】6話の小ネタ考察まとめ ガゼルが投げたのは斧ではなくピストルソード、など

アニメ『プリンセス・プリンシパル』6話に出てきた細かいネタのまとめです。「ガゼルが投げた斧みたいな武器は実は銃だった」といった元ネタ分析や、「ドロシーの本名はデイジーで今は母親の名前を名乗っている」「暗号表は奪うのではなくコピーしてそのままにするのがスパイ的には正しい」といった設定の話などいろいろ。

32887
0

ガゼルが投げたのはピストルソード

画像を拡大

このシーンを見て、ガゼルがドロシーの父に斧を投げたのだと思った人が多いのではないでしょうか。

しかし、よく見ると、この斧には引き金のようなものがついています。

実はこれ、ピストルソードと呼ばれる、現実に使われていた武器です。

出典:6話
画像を拡大

ガゼルが使っていたのは、ピストルソードのひとつ、『axe pistol』と思われます。銃の発射口の下部に刃がついたような構造になっています。16~18世紀に使用されていました。

しかし、斧ではなくピストルソードだったのなら、投げつけるのではなく、普通に撃てばよかったのではという気もします。銃声を聞かれたくなかったのか、腹が立ったから残酷な攻撃方法を選んでみただけなのか、どっちでしょう。

出典:www.youtube.com

Lや7が王国内でドロシーと会える理由

画像を拡大

今回は7(セブン)が、そして前回はL(エル)が直接、ドロシーに命令を伝えにきていました。

ドロシーと会話をした場所は王国内と見て間違いありませんが、「あれ、コントロールって今まで共和国内にいたんじゃないの?なんでこんな簡単に壁を超えられているの?」と思った人も多いはず。

その答えは公式サイト用語集にありました。

出典:6話
《コントロール》
アルビオン共和国諜報委員会直轄の諜報機関のコードネームで、表向きはアルビオン共和国大使館文化事業局。
引用元:www.pripri-anime.jp(引用元へはこちらから)

コントロールは共和国の大使館。つまり、王国内に設置されているということになります。Lや7は元々、王国内にいたので、ドロシーと会うのは全然難しいことではなかったのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドロシーの本名はデイジー

画像を拡大

寝ていたドロシーの父が目を覚ましたときのやりとり。

ドロシー「大丈夫?」
父「ドロシー……」
ドロシー「デイジーだよ」
父「ああそうか、そうだった」
ドロシー「母さんが帰ってくるわけないだろ」

え、ドロシーの名前はデイジーなの?ドロシーなの?どっち?と思った人が多いはず。

出典:6話

これについてはラジオ第6回で説明がありました。ドロシーの本名はデイジーで、ドロシーは母の名前とのこと。なぜ、ドロシーが母の名前を名乗るようになったのかというと、

『ドロシーの中にある複雑な感情が結果として母親の名前を名乗らせました。なにか決定的な理由があって母親の名前を使っているわけではありません』

だそうです。

ベアトのボタンが吹っ飛んでいた

画像を拡大

ドロシーの父がベアトを締め上げるシーンで、何かが吹っ飛んでいきました。どうやら服についていたボタンが弾け飛んだようです。

このあと、ドロシーの父はドロシーから突き飛ばされ、「ちょっとからかっただけなんだよ…」と言い訳していました。ボタンが吹っ飛ぶほどの力を込めておいて、「からかっただけ」とは、なかなかひどい言い訳ですね。

出典:6話

ドロシーが暗号表をそのまま渡したのはスパイ的には正しい行動

スポンサーリンク

スポンサーリンク

趣味の新着

地方版図柄入りナンバープレート一覧!デザインの由来も解説!

2018年10月ごろより交付が開始される全国41地域の図柄入りナンバープレートを...

【未来人の予言?】5月23日3時45分に南海トラフ地震が来るとツイッターで話題に

デマ濃厚、明日南海地震、東南海地震、南海トラフ地震、ネットで話題に、3時45分、...

【名探偵コナン】ガンダムをオマージュしてるキャラまとめ 安室とアムロなど

映画『名探偵コナン ゼロの執行人』でガンダムとコラボしたポスターが作られているの...

【AbemaTV中止】エベレスト8回目の挑戦で栗城史多が亡くなる スポンサーが悪いの声も

スポンサーが悪い、お金、広告費、命とビジネスと登山とエベレスト、誰が殺したのか、...

【後に引けなくなった?】登山家よりも遭難家?栗城史多さんが亡くなる

登山家よりも遭難家、ビジネスと登山、後に引けなくなった?ビジネスと命、話題、ビジ...

【ウマ娘 プリティーダービー】9話の元ネタ・小ネタのまとめ

アニメ『ウマ娘』9話に散りばめられた史実ネタや小ネタをまとめました。「ブロワイエ...

アクセスランキング

まとめ作者