石橋和歩被告、パトカーに対してあおり運転していた パッシングやクラクションで進路妨害 裁判官も呆れ顔

警察にあおり運転となど筋金入りのバカでしょう。警察に腹を立て中国自動車道でパトカーの進路妨害をする煽り運転をしていたことが裁判で明らかになりました。法廷では今までしなかった謝罪をしたり、涙を浮かべたりしおらしい演技をしています。しかし元カノに過去をバラされたりしていますしたくさん余罪が出てきそうです

867
0

石橋和歩被告、過去にパトカーに対してあおり運転していた

神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、あおり運転を受け無理やり停車させられた夫婦が別のトラックに追突され死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)の裁判員裁判が6日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)で開かれた。この日は死亡事故とは別件のあおり運転に伴う強要未遂や器物損壊の罪の計3事件の審理で、検察側は「交通上のトラブルをきっかけに憤慨して起こした」と指摘した。

検察側は証拠調べで、これらの3事件とは別に石橋被告が昨年5月、中国自動車道でパトカーの進路妨害をするあおり運転をしていたと説明した。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
検察側は、6日の法廷で「中国自動車道で後ろからパトカーを追跡する(被告の)車を発見。接触寸前まで接近、進路変更を繰り返し、パトカーを追い抜き、その後もパトカーが後ろを追尾していると急ブレーキで停止し、衝突寸前に」と、石橋被告が2017年5月、あろうことかパトカーにもあおり運転をしていたと指摘。

その際の石橋被告の様子は、検察側の主張によると、「俺が何かしたんか、お前らあんな飛ばしていいんか、スピード違反やろ」とした。

これには、裁判官もあきれた表情を見せた。
引用元:www.fnn.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者