2017年08月27日更新
コミケ 叶姉妹 真木よう子

コミケは芸能人の売名箇所になる運命なのか?叶姉妹、真木よう子などで昨今注目

時代と流れ、世界最大規模の同人誌展示即売会、コミックマーケット、有名人社会とオタク文化、ルールと大衆文化、イベント、大晦日、巨大なマネー

437
0
「コミケ」の通称で知られる、世界最大規模の同人誌展示即売会。近年は、毎年8月と12月に東京国際展示場で開催されている。主催はコミックマーケット準備委員会。1975年に始まり、80年代に「キャプテン翼」(集英社)の登場人物たちを題材にしたパロディーマンガが女性たちに人気を博し、同性愛的なマンガのブームを作っていった。人気同人誌は商業誌以上の高効率で利益を生み、「プロ同人誌作家」と呼ばれる人々も少なからず輩出した。また、CLAMP、高河ゆんらは、コミケが生んだ人気作家といえる。2007年の夏の開催は3日間で、参加サークル数約3万5000、参加者は延べ55万人に上った。
引用元:kotobank.jp(引用元へはこちらから)
女優の真木よう子(34)が25日、クラウドファンディングを利用して雑誌(フォトマガジン)を制作し、今冬の「コミックマーケット93(コミケ)」への参加を表明したことについて、ネット上では大きな反響が巻き起こっている。
真木はツイッターで「皆様に笑顔を本当に見せたい。皆様の笑顔を見たい。皆様と、お会いしたい」とコミケ参加への思いを明かしているが、「普通にファンイベントでいいじゃん」「コミケは芸能人とファンが会う機会を与える場ではない」と反論も多数あがっている。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者