『ユーリ!!! on ICE』の気づきにくい伏線まとめ!勇利が本当にカツ丼禁止されてる、など

「2話のカツ丼禁止令を3話でも勇利が守っている」「2話で箸を使えなかったユリオが3話で使えるようになってる」など、普通にアニメを見ていても気づきづらい伏線描写をまとめてみました。キャラの関係性の変化や、季節の変化など、気づくと面白いネタがいろいろ。1話から最終回12話まで完全対応。

2517095
3

幼い頃ヴィクトルが語った言葉を今見ると切なすぎる

画像を拡大

2話、ヤコフの制止を振り切って、選手としての活動を中断してしまったヴィクトル。ヴィクトルにとってスケートは重要なものではないのか?と思ってしまうシーンでした。しかし、そうではないことが1話ですでに示されていたのです。

出典:Uploaded by FrenchToast
画像を拡大

優子が幼い頃に勇利に見せた、ヴィクトルへのインタビュー記事。『次のシーズンに向けて』という見出しで、次のような内容が書かれています。

『幼いころからスケートを続けてきて、今も楽しいっていうのは幸福だし、その気持ちのままいられたら。』

スケートを楽しみ続けたかったのに、それができなくなった。なんて切ない展開でしょう。いつも笑顔のヴィクトルですが、その笑顔の裏には複雑な感情がありそうです。

出典:Uploaded by FrenchToast

季節の変化がしっかり描写されている!

画像を拡大

2話、ヴィクトルが来たときには半分以上、散ってしまっていた桜。

出典:Uploaded by FrenchToast
画像を拡大

しかし、1話の時点では、しっかり満開になっていました。

また、さっきのランニングシーンで雪が消えているのが確認できます。

出典:Uploaded by FrenchToast

勇利は動物に愛される男?マッカチン(ヴィクトルのプードル)と勇利の距離が急接近!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

画像を拡大

2話序盤のランニングでは、マッカチンはヴィクトルと一緒に走っていて、勇利はひとりぼっちでした。

しかし、2話後半、ユリオが来た後のランニングでは…。

出典:Uploaded by FrenchToast
画像を拡大

なんとマッカチンが勇利と一緒に走ってくれるようになっていました!

また、朝のランニングだけではなく、夜のランニングでも変化がありました。

出典:Uploaded by FrenchToast
画像を拡大

2話のマッカチンは勇利からやや離れて追いかけていたのですが…。

出典:Uploaded by FrenchToast
画像を拡大

3話になると距離が一気に縮まっていました!

出典:Uploaded by FrenchToast

伏線としか思えない!ヴィクトルがいなくなるかのような描写いろいろ!

画像を拡大

【1】1話ラストで挿入された勇利のモノローグが「彼はいつも僕をびっくりさせる天才だった」。まるでヴィクトルがいなくなった後に勇利が思い出を振り返っているかのようでした。

出典:Uploaded by FrenchToast
画像を拡大

【2】ヴィクトルのFS曲タイトルが「離れずにそばにいて」。そばにいてほしいのに離れていってしまう、みたいな展開を予想してしまいます。

出典:Uploaded by FrenchToast
画像を拡大

【3】EDでヴィクトルのインスタグラムに「時が経つのは早いね」という文章。夕日が差し込んでいて切ない雰囲気ですし、別れの直前に見えてしまいます。

さらにこの電車は唐津駅から福岡空港駅までを走っている電車だと判明しました。勇利がヴィクトルを空港に送っている場面なのでは?

出典:Uploaded by FrenchToast

スポンサーリンク

スポンサーリンク

趣味の新着

アクセスランキング

まとめ作者