【ステマ】日本人、今年もボジョレーヌーボー(試飲用のワイン)をありがたがって飲んでしまう。

ワイン業者の陰謀

151
0

ボジョレーヌヴォー解禁

フランスの詩人ビクトル・ユゴーは「神は水を作ったが、人はワインを作った」と言い、小説家ゲーテは「ワインのない食事は太陽の出ない一日」と言うなど、ワインの妖艶な力に魅了される人は数知れません。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
いよいよ新酒ボジョレー・ヌーボーの解禁が明日(16日)に迫っていますが、2017年のワインの出来はどうなのでしょう。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
ボジョレー栽培醸造研究機関のChatelet氏によると、今年のワインは「酸味と果実味とタンニンが見事なバランスで整っている。今世紀最高の出来と言われた2015年を彷彿とさせる芳醇さがあり、溌剌さとエレガンスさも兼ね揃えている」とのことで、かなり評価が高いようです。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
今年のワインは希少かつ至高の逸品。多くの生産者の方々の苦労と、悪天に耐え抜いたブドウに感謝をし、2017年のボジョレーをいただきたいと思います。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

本来は試飲用のワインだけどなぜか日本だとありがたがって飲んでる人がおおい

ボージョレーワイン (フランス語: Vignoble du Beaujolais)とは、フランスワインの1つ。ローヌ県北部、ソーヌ=エ=ロワール県の数箇所のコミューンで生産されている。ブルゴーニュワインの1種類とされている。生産地域は、マコンとリヨンの間、ボジョレー地方の山のふもとである。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎年11月第3木曜日に解禁される、特産品の新酒をボージョレー・ヌヴォー (仏: Beaujolais nouveau) という。以前はその年のブドウの出来栄えをチェックすることを主な目的としたもので、ワイン業者が主な顧客であったが、その後、解禁日をイベントとして、新酒として大々的に売る販売戦略や販売手法が確立され、現在はフランスでも、日本と同じ目的で一般の消費者向けに売られている(ブルゴーニュ地域圏のマコネー (Maconnais) 地区に隣接する地のワインはブルゴーニュ・ワインに分類される)。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

ネットの声

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

【サッカーW杯】ピッチに乱入した観客は、ロシアのパンクロック集団のプッ.シーライオットだった!

2012年にモスクワの大聖堂で無許可演奏をして3人が逮捕されたグループ。政治犯の...

【W杯】フランスグリーズマン、ゴール導くFK獲得も世界から批判の嵐「ダイブ」の合唱「恥辱」「愚か」

20年ぶりの優勝を目指すフランスと初優勝を狙うクロアチアの一戦は、セットプレーで...

【サッカーW杯】 フランス、4ゴールで20年ぶり2度目優勝!

フランスがクロアチアを下し、自国開催だった98年大会以来20年ぶり2度目となる優...

【サッカーW杯】表彰式中に突然の大雨 選手、大統領ずぶ濡れでカオス状態に フランス×クロアチア

サッカーワールドカップロシア大会(2018年)、フランス優勝 決勝で4得点!5大会ぶり2回目

サッカーワールドカップロシア大会、クロアチア破る、フランス、デシャン監督...

【豪雨→猛暑】体調管理はしっかり!豪雨被害の真備町ボランティア、熱中症で13人救急搬送

ボランティア、地獄、人手不足、災害、片付け作業中の被災者らが熱中症で相次いで搬送...

アクセスランキング

まとめ作者