【いくつよめる?】令和初の甲子園、キラキラネームがいっぱい…三亜土(さあど)、輝琉亜(きるあ)など

キラキラネームの選手がたくさんいました。

598
0
「父が野球、母はソフトボールをしていました」と話したのは、秋田中央の加賀屋三亜土(さあど)選手。
2人の兄も奨人(しょうと)さん、千太(せんた)さんとポジションにちなんだ名前で、「(両親が)野球をやってほしいと名付けたとのことです」と説明する。
 「『愛される人になってほしい』との思いが込められていると聞きました」とは、石見智翠館(島根)の関山愛瑠斗(あると)主将。
一方、星稜(石川)の岡田大響(ひびき)選手は「父は野球、母は陸上競技をやっていました。音楽に関係がある家庭というわけではありません」と答えた。
静岡の小岩和音(あのん)主将や
履正社(大阪)の野口海音(みおん)主将、
高松商(香川)の花岡海音(かいと)選手も含め、音をイメージさせる名前が目立つ。
同じ漢字でも読み方が異なるパターンもある。

 八戸学院光星(青森)の横山海夏凪(みなぎ)選手、
関東第一(東東京)の吉安飛祐豪(ひゅうごう)選手、
熊本工の江川輝琉亜(きるあ)選手、
沖縄尚学の水谷留佳(るか)主将など、カタカナ表記が似合いそうな読み方の選手も多かった。
難読という点では、履正社の野上聖喜(いぶき)選手や津田学園(三重)の中村宇亜(のきあ)選手。
選手の個性を感じさせる名前は、時代の変化を象徴しているといえそうだ。
引用元:www.sankei.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

【動画・文章起こし】岩田健太郎「日本の感染対策はアフリカ以下、クルーズ船はCOVID19製造機」

岩田健太郎先生が「ダイヤモンド・プリンセスはCOVID-19製造機。なぜ船に入っ...

【休刊】音楽雑誌 月刊『ラティーナ』 5月号をもって休刊!!

“世界の音楽情報誌” 月刊『ラティーナ』は、創刊から満68年を数えることになる4...

【新型肺炎】東京都杉並区の佼成病院、80代男性入院患者が感染したため外来診療休診へ

佼成病院の入院患者に新型肺炎感染が発見されました

【将棋 王位戦】藤井聡太七段(17歳)、羽生善治九段(49歳)に勝利 通算3戦3勝

将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(17)が初のタイトル挑戦権獲得を目指す、第61期...

NHKニュース7、ANAホテル関連のニュースは一切なし? 視聴者から疑問の声が上がる

NHKニュース7が、桜を見る会がらみで話題です

【新型肺炎】東京都内で新たな感染者3人・2/18 みんなの反応まとめ

新たな感染者

アクセスランキング

まとめ作者