【悲報】白猫の「コロプラ」がもはや風前の灯火。任天堂は特許侵害の賠償金が44億円を請求

任天堂は超強力なキラー特許5件を武器にしつつ、万全の準備をして訴訟に臨んでいる。 対してコロプラは隠し球もカウンター特許も何も無かった。コロプラの勝ち目が全く見えないのだ。

891
0
まず特許の内容に驚いた。私は任天堂が出してくる特許は「ぷにコン」の先行技術と思われる特許3734820号をメインとした、
ゲームコントローラの関連発明だと思っていた。
特許3734820号だけでは「ぷにコン」の技術範囲から外れてしまう可能性がある。
そこでタッチパネルでジョイスティックを操作する類似特許を出す事で、
「ぷにコン」が任天堂の特許を侵害する事を確実にするのだ。

いわば、特許3734820号をメインとしつつ残りの4件で保険を掛けるようなイメージだ。
しかし、訴訟記録に記されていた任天堂の対象特許は度肝を抜くようなキラー特許5件であった。

1. 特許3734820号:タッチパネルでジョイスティックを操作する ⇒ 「ぷにコン」に該当
2. 特許4262217号:タッチパネルを長押しした後、指を離すと敵キャラを攻撃 ⇒ 「チャージ攻撃」に該当
3. 特許4010533号:スリープから復帰する時に確認画面を表示し、スリープ直前の画面から再開 ⇒ 「スリープ機能」に該当
4. 特許5595991号:ユーザー間で相互フォローし、通信や協力プレイを行う ⇒ 「相互フォロー」に該当
5. 特許3637031号:障害物でプレイキャラクターが隠されてもシルエットで表示する ⇒ 「シルエット表示」に該当

「ぷにコン」に該当する特許があるのは予想できていたが、残り4件は「ぷにコン」と全く関係の無い、
しかし強力過ぎるキラー特許4件であった。
「チャージ攻撃」「スリープ機能」「相互フォロー」「シルエット表示」のどれにも該当していない
スマホゲームなんて存在し無いのではないだろうか。

また損賠賠償金額44億円の内訳にも驚かされた。てっきり特許侵害の賠償金が44億円だと思っていたのだが、それは40億円であった。
特許侵害の賠償金の10%である4億円を弁護士報酬としており、
合わせて44億円を損賠賠償金額としてコロプラに請求しているのである。

引用元:tmiyadera.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者