ロシアW杯で着用する新アウェイユニフォームが発表!なお、ネットでは不評な模様

日本サッカー協会は20日、18年ロシアW杯で着用する日本代表の新アウェーユニホームを発表した。23日のマリとの国際親善試合(ベルギー・リエージュ)でお披露目となる。

69
0
ホームユニホームでは、日本の伝統色である深い藍色を“勝色(かちいろ)”としてベースカラーに設定。戦国時代の武将は、鎧の下にまとう着物には藍染の生地を使用。深い藍色を褐(かち)色と呼んでいたことから採用した。

今回のアウェーユニホームでは、その藍色に染める前の真っさらな白い生地からヒントを得て、ライトグレーをベースにし、光り輝く未来を表現した。 ショーツとソックスは白で、背番号の色は日の丸をイメージして赤を採用。アウェー用では初めて青色を使わない配色となった。 また左肩には3本の太い線をデザイン。日本代表が1992年に初めて国際大会「第2回ダイナスティカップ」で優勝を飾った時のユニホームを現代的に再現。

機能面でもホーム用と同様、サプライヤーのアディダス独自のテクノロジー「CLIMACHILL(クライマチル)」を搭載。 極細の糸を使用し、優れた速乾性、通気性、冷却性を実現した。

アディダスオンラインショップでは、20日午後6時より先行発売を開始。 一般発売は27日より全国のアディダスフットボール取扱店舗にて開始される。


引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者