2018年06月05日更新
栗城史多 死因 滑落

登山家・栗城史多さん死因は低体温症ではなく、下山中に滑落し頭や全身を強打した事によるものと訂正

25日、所属事務所のチーフ小林幸子氏(39)は「低体温症とみられた死因について、実際には栗城は標高7400メートルのキャンプ3から下山中に滑落し、頭や全身を強く打ったことが原因で、帰らぬ人となりました」と発表した。

363
0
登山家・栗城史多さん死因は「下山中に滑落 頭や全身を強打」後日お別れの会を予定

5/25(金) 19:07配信 スポニチアネックス

 世界最高峰エベレスト(8848メートル)登頂に単独無酸素で挑んでいた最中の21日に死亡した登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)さん(35)=北海道今金町出身=の公式フェイスブックが25日に更新され、低体温症とみられた死因について、所属事務所のチーフ小林幸子氏(39)は「実際には栗城は標高7400メートルのキャンプ3から下山中に滑落し、頭や全身を強く打ったことが原因で、帰らぬ人となりました」と発表した。

葬儀は親族で執り行い、後日、お別れの会を開く。


 小林氏は「栗城の遺体を発見したという第一報の時に、日本と撮影隊との緊急連絡で行き違いがあり『低体温で息絶えた』とお伝えしておりましたが、実際には栗城は標高7400メートルのキャンプ3から下山中に滑落し、頭や全身を強く打ったことが原因で、帰らぬ人となりました。
混乱の中とはいえ、誤った情報をお伝えしてしまいましたことを心よりお詫び申し上げます」と報告。

 「20日にエベレストの南西壁を標高7400メートルのキャンプ3まで登った栗城は、テントを張れる場所を探して標高を少し下げてテント場を確保、しばらく経ってから体調不良のために下山しますと無線で撮影隊に伝え、下山を開始。その後、無線連絡が途絶えてしまい、時間が経っても下りてこないことから撮影隊が捜索のため上部に上がったところ、標高6600メートル付近で息絶えた栗城を発見いたしました。遺体の状態から推測して、恐らく100―200メートルほど滑落したものと思われます」と詳細を明かした。

 「滑落したものの遺体の損傷は大きくなく、安らかに眠っておりました」とし「これから、ご遺族の意向により、親族のみで火葬と葬儀を執り行う予定でございます。多くの方から葬儀についてお問い合わせをいただいており恐縮ですが、生まれ故郷の北海道の自然の中で、親族のみで静かに見送りたいというご遺族の意向ですので、ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします」と呼び掛けた。

 「今後、東京はじめ様々な場所で、応援してくださった皆様にお越しいただけるような栗城のお別れ会を開催したいと思っており、決まり次第にお知らせ申し上げます」とした。


引用元:スポニチアネックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

広田レオナの再婚相手は元俳優の高橋ひろ無か 元結婚相手の吹越満とは離婚していた

広田レオナが元俳優と結婚

【このマンガがすごい2019】1位は天国大魔境(石黒正数) /メタモルフォーゼの縁側 (鶴谷香央理)

宝島社が毎年発行しているマンガ紹介本の最新版「このマンガがすごい!2019」が、...

【このミステリーがすごい2019】1位は国内・『それまでの明日』、海外・『カササギ殺人事件』

! 見事1位に輝いたのは『カササギ殺人事件』と『それまでの明日』です...

四日市市六呂見の国道23号線で事故渋滞&通行止め トラックの横転事故で車線規制 12/11

※情報更新中

【サンスポ】ヤクルト秋吉谷内、日ハム高梨太田賢吾交換トレード

ヤクルトの秋吉亮投手(29)谷内亮太内野手(27)と、日本ハムの高梨裕稔投手(2...

草加市金明町 新田駅付近で火事 火災現場の様子 12/11

※情報更新中

アクセスランキング

まとめ作者