2016年07月06日更新
ビートたけし 笑点 大喜利

ビートたけし"笑点"を猛批判「大喜利の回答は作家が準備してる」「どれを誰に答えさせるかまで決めてる」

ビートたけしは以前から「笑点」に批判的だったと、サイゾーが伝えている

6390
0

ビートたけしが猛批判する「笑点」の裏側 大喜利の回答は全て作家が準備

お笑い界の重鎮・ビートたけしは、「誰が『笑点』を見てるのか、よくわかんない。これだけアドリブなしのカンペだらけの番組なんて、聞いたことがない。大喜利には作家が10人くらいついていて、いろんな答えを作って、どれを誰に答えさせるかまで裏方が考えるってやり方。(立川)談志さんなんか、それが嫌で辞めたんだから」と、以前から『笑点』に批判的だった。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
先日、たけしを取材したときも「まあ、司会やメンバーになれば、営業のギャラが変わるからね。落語がうまくなるよりも、『笑点』のレギュラーになることのほうが重要になってきている」と語っていた。そう、『笑点』の大喜利メンバーは“地方営業利権”の恩恵にあずかっていたのだ。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
『笑点』は月に2回の収録で、司会だった歌丸のギャラが一番高く、2回分で80万円といわれていた。三遊亭円楽をはじめ、6人の大喜利メンバーは60万円とも。高視聴率を取っているわりには、意外と安いギャラだ。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
ところが、地方営業をすれば、歌丸のギャラは1本当たり100万円に跳ね上がるという。ほかのメンバーのギャラも推して知るべしだ。これらのメンバーより実力と人気がある落語家でも、地方営業のギャラは10~20万円がいいところ。いかに『笑点』のレギュラーがおいしいかがわかる。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
しかも、視聴者の大半は高齢者。それだけに、地方営業の依頼は殺到する。歌丸が元気なころは、月20本の営業が入っていたという。単純計算で、年収は2億円以上だ。一般的に落語家は、真打ちになっても、寄席だけのギャラでは食べていけない。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

アクセスランキング

【文春砲】乃木坂46西野七瀬(なーちゃん)がディレクターを自宅にお持ち帰り お泊りデート

【訃報】立花の菊リン・石井博泰さんが51歳の若さでお亡くなりになられました【ビーバップハイスクール】

ビー・バップ・ハイスクールで立花の菊リンを演じられた石井博泰さんがお亡くなりにな...

【文春砲】乃木坂の西野七瀬さんがディレクターを自宅にお持ち帰り「イニエスタが日本に来る並の衝撃」

しかもお泊まりデート×2

BABYMETALからYUIMETAL(水野由結)がバンド脱退!?2018年海外ツアー参加せず!

日本だけでなく世界各国で注目されているBABYMETAL(ベビーメタル)のメンバ...

藤井聡太の昇段条件まとめ 七段から八段へ 随時更新

竜王戦連続昇級を達成し、七段昇段を果たした藤井聡太くんですが、「七段でいるのはい...

【謎の技術】NHK「チコちゃんに叱られる」のチコちゃん、人形っぽい表情が変わる。どうなってるの?の声

中の人はキム兄こと木村祐一らしいですね。ボーっと生きてんじゃねえよ!がキメセリフ...

まとめ作者