【Fランク大学】教育困難大学が増加中?

教育困難大学、教員の受け皿、教育システム、未来の大人たち、ボーダーフリー大学、大学の一覧(リンク)

22757
0

Fランク大学またはBFランク (アンサイクロペディア)

今日でも志願者の一部に辞退してもらう必要のない大学もあり、そのような大学においては、この本来の学力検査の思想に則って純粋に学力検査の目的で入学試験を実施している。しかし、そのような大学の存在は、当然ながら予備校などの受験産業にとっては有害無益なものである。このため、そのような大学を特に一般の大学と区別するために河合塾によって創設されたカテゴリがFランク大学またはBFランク大学と呼ばれるカテゴリである。
引用元:ja.uncyclopedia.info(引用元へはこちらから)
 すべての大学は、大手予備校が実施する模擬試験の偏差値によって完全に段階分けされている。そして、受験偏差値の低い、つまり志願者の少ない大学は、入学が選抜機能を果たさずフリーに入れる状態になっている。こうした大学は、「FREE」の頭文字を取って、「Fランク大学」と呼ばれていることは、周知の事実だろう。

 急速に大学進学者が増加する中で、大学生の学力低下が話題になり始めたのは、2000年ごろのことだった。あれから15年以上経ち、現在は大学生の学力問題はあまり取りざたされなくなった。これまでの間に、大学生の学力が十分なレベルまで向上したというわけではなさそうだ。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
筆者の耳には、低い学力は当たり前のことと関係者があきらめた結果なのかもしれないと思わせる話が入ってくる。大学教職員から話を聞くと、今でも学力不足は解決していないことがよくわかる。それどころか、驚くほど無知な大学生がむしろ増加しているのではと危惧させるような現実がある。以下のエピソードは、スポーツに力を入れている関東地方の小規模大学で教えている教員の実話である。

 彼は、一般教養科目として日本の自然環境に関する授業を担当しているが、以前から、大学生に考えさせること、発言させることに重点を置いた授業を行っている。最近注目されている「アクティブラーニング」の先取りのように見えるが、実は、学生の授業中の爆睡を防止する苦肉の策でもあるのだ。しかし、彼のように学生を寝かせまいとする教員はむしろ少数派。多くの教員は、「静かに寝ていれば、周囲の迷惑にもならないので放置する」というスタンスである。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

【サッカーW杯】ピッチに乱入した観客は、ロシアのパンクロック集団のプッ.シーライオットだった!

2012年にモスクワの大聖堂で無許可演奏をして3人が逮捕されたグループ。政治犯の...

【W杯】フランスグリーズマン、ゴール導くFK獲得も世界から批判の嵐「ダイブ」の合唱「恥辱」「愚か」

20年ぶりの優勝を目指すフランスと初優勝を狙うクロアチアの一戦は、セットプレーで...

【サッカーW杯】 フランス、4ゴールで20年ぶり2度目優勝!

フランスがクロアチアを下し、自国開催だった98年大会以来20年ぶり2度目となる優...

【サッカーW杯】表彰式中に突然の大雨 選手、大統領ずぶ濡れでカオス状態に フランス×クロアチア

サッカーワールドカップロシア大会(2018年)、フランス優勝 決勝で4得点!5大会ぶり2回目

サッカーワールドカップロシア大会、クロアチア破る、フランス、デシャン監督...

【豪雨→猛暑】体調管理はしっかり!豪雨被害の真備町ボランティア、熱中症で13人救急搬送

ボランティア、地獄、人手不足、災害、片付け作業中の被災者らが熱中症で相次いで搬送...

アクセスランキング

まとめ作者