2016年12月31日更新
yurionice ユーリオンアイス 名言

『ユーリ!!! on ICE』の深い名言まとめ!第一線で戦う選手・コーチならではの説得力がある!

「勇利君に黒歴史なんか1個もなかです」「何度でも生まれ変われる人間が強い」など、『ユーリ!!! on ICE』に登場する選手やコーチが言ったセリフのうち、なるほどと納得させられるものだけまとめました。厳しい世界で生きている人たちならではの、鋭い洞察が魅力的です。最終回12話までの22名言を収録。

142621
0

「自分が一番と思ってる男にコーチなんぞ務まるわけがなああぁいっ!」

画像を拡大

2話、ヴィクトルが日本に旅立ってしまい、ヤコフは報道陣から取材を受けることになります。そのとき記者の一人が「日本の勝生勇利のコーチになるというのは…」と質問。途端にヤコフは険しい表情になり、記者からマイクを奪い取って、このセリフを叫んでいました。

出典:Uploaded by FrenchToast

「勇利の強さは不安なときに他人を気にせずに練習できる環境」

画像を拡大

2話、スナック花中でミナコ先生がヴィクトルに言ったセリフ。環境というのは、ミナコ先生のバレエ教室、および、アイスキャッスルはせつを指しています。いつでも勇利に貸してあげていたのだそうです。

出典:Uploaded by FrenchToast

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「みんながイメージすることの真逆をしなきゃ、びっくりしないだろ?俺のモットーだ」

画像を拡大

2話、ヴィクトルがSPの曲「愛について」のアレンジ2種を勇利とユリオに割り当てたときに言ったセリフ。勇利がアガペーになるかと思ったら、ユリオがアガペーだったため、二人ともびっくりしていました。

出典:Uploaded by FrenchToast

「焦るな。こんなミスぐらいじゃ、あたしの魅力は失われない」

画像を拡大

3話、勇利が『温泉 on ICE』で4回転サルコウをステップアウトしてしまったときに言ったセリフ。一人称が「あたし」なのは、色男を誘惑する美女になりきっていたため。

出典:Uploaded by FrenchToast

スポンサーリンク

スポンサーリンク

趣味の新着

アクセスランキング

まとめ作者