2017年10月20日更新
おそ松さん osomatusan 松野おそ松

【おそ松さん】プレーンとか言うな!長男・松野おそ松の特徴を考察してみた!

おそ松さん2期2話で長男・松野おそ松は弟たちから「プレーン」「キャラが薄い」などと言われてしまいました。本当に特徴が無いのか、気になったので、今までの回を振り返って考察してみました。結果、おそ松には長男らしさという特徴があることがわかりました。

10777
0

弟たちからプレーンなどと言われてしまった松野おそ松

画像を拡大

2期2話『超洗剤』で透明になった六つ子たちは、絵の具で顔を描くことになりました。しかし、おそ松の顔だけは思い出せず…、

チョロ松「いたって普通だからなあ」
カラ松「これという特徴が無い」
一松「漠然としている」
トド松「プレーンなんだよね」
十四松「ひっくるめて、キャラが薄い」

などと、ひどい言われ方をしてしまいました。

しかし、調べたところ、おそ松にも特徴はちゃんとありました。以下、ひとつひとつ紹介していきます。

出典:2期2話

おそ松の特徴1:戦闘能力が高い

画像を拡大

例えば、扶養家族選抜面接で乱闘になったときには、こんな感じで、最後まで立っていられたのはおそ松だけでした。

出典:1期4話
画像を拡大

また、イヤミカートでイヤミが原子分解光線を放ったとき、耐え抜くことができたのもおそ松だけでした。

身体能力が高いのは十四松というイメージがありますし、実際そうなんだろうと思いますが、実戦となると総合力でおそ松が上回るんだろうと思います。たぶん、ずる賢さ、えげつなさ、悪運の強さなどが優れているんじゃないでしょうか。

出典:1期18話
画像を拡大

弟たちがみな風邪を引いてしまったときに、おそ松だけは元気だったなんてこともありました。六つ子の中で一番、体が頑丈にできているんじゃないでしょうか。いやまあ、もしかしたら、バカは風邪を引かないというだけなのかもしれないですが。

出典:1期14話

おそ松の特徴2:メンタルが強い

スポンサーリンク

スポンサーリンク

画像を拡大

両親が扶養家族選抜面接の中止を決定してくれたとき、弟たちは感動して涙を流していました。

しかし、おそ松の目元に注目です。なんと、おそ松だけは涙を流していなかったのです!

男児たるもの、そう簡単に泣いてはいけないという覚悟を感じさせます。

出典:1期4話
画像を拡大

また、レンタル彼女回で部屋にチラシが投げ込まれるシーンでは、弟たちがびっくりして奇行に走ってしまう中、おそ松だけが余裕の態度でした。

良い意味で鈍感というか、弟たちとはメンタルの強さが数ランク違う感じがします。

出典:1期10話

おそ松の特徴3:リーダーとして率先して行動する

画像を拡大

レンタル彼女の申込みの電話をかけたのもおそ松でしたし、

出典:1期10話
画像を拡大

十四松の過去が記録されたアルバムを封印したのもおそ松でした。

おそ松が六つ子の中で一番決断力があると考えていいでしょう。長男としての使命感みたいなものもあるのかもしれません。

出典:1期17話
画像を拡大

また、6人揃って並ぶときには、おそ松が中心になっていることが多かったりします。チョロ松が「六つ子って中途半端だろ?偶数だと全体がふわっとすんだ、センター作れねえし」と言ったりしていましたが、それなのにおそ松が中心に来ていることが多いのは、リーダーとして認められている証拠と言えるのでは?

出典:1期10話
画像を拡大

スタバァで兄たちが暴走したときに、トド松が「すみませんでした、もう許して下さい」と詫びを入れた相手もおそ松でした。少なくともトド松は『おそ松に許してもらえれば事態は収束する』と考えていたということです。弟たちからなめた態度をとられがちなおそ松ですが、一応、力は認めてもらえているようです。

出典:1期7話

.

スポンサーリンク

スポンサーリンク

趣味の新着

竹俣紅さんが将棋連盟を退会 プロ棋士の反応まとめ 「寂しい」「その選択を応援」

女流棋士として活躍してきた竹俣紅さんが将棋連盟を退会、つまり、女流棋士を卒業する...

【悲報】サバゲーマーを煽る自衛官、同じ職場の上司にあたる現役自衛官にケンカを売ってしまい特定される

本名は坂田さん?

【契約不履行】甘党男子の室井一馬、結婚していることが発覚 進退をツイッター投票で決めることに

9人組男性アイドルユニット・甘党男子の室井一馬が、結婚していることが発覚。11日...

Netflix版『聖闘士星矢』で「アンドロメダの瞬」が女性化し炎上 脚本家「全員男性には違和感」

Netflixで2019年夏配信予定の聖闘士星矢シリーズ最新作「聖闘士星矢: K...

ドラマ「下町ロケット」第9話のみんなの感想まとめ

2018年12月9日放送。

【異常震域と地震】三重県南東沖M5.3 深さ379kmの地震発生、関東地方が揺れてしまう

三重県南東沖M5.3 深さ379km、地震と地盤

アクセスランキング

まとめ作者