2018年05月07日更新
いじめ 個人情報 炎上

「いじめられっ子が、ネットをつかっていじめっ子に復讐」に賛否両論。社会復帰できないほど反撃していい?

おそらく世界中のほとんどの地域で発生している「いじめ」、日本でもたびたび事件として世間に出てくるものもありますが、 それは氷山の一角にも満たないほどでしょう。 被害者はいじめに対してほとんど抵抗する事ができなかったのですが、ネットが普及した現代ではどうも様子が異なるようです。

508
0

話題となったツイート

この意見に賛否両論。社会復帰できないほどの私刑に賛否

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC / インターネットの新着

日本の携帯電話大手3社が通信設備からファーウェイとZTEを排除

日本の大手携帯電話事業者3社は基地局などの通信設備から中国企業の製品を排除する方...

【緊急】ビックカメラでPayPayが使用できないトラブル発生 緊急メンテ突入「池袋店行列ヤバイ」

緊急メンテナンスによりPayPayの全ての機能がご利用いただけません。復旧までし...

1家庭で光回線を3回線契約 珍しい?珍しくない? 様々な実例が報告される

とあるスマホ販売員が「1家庭で光回線を3本契約している事例があった」と語り話題に...

『ソフトバンクのiPhoneは本物、docomoとauのは偽物』というデマが広まった理由は?

スマホ販売員さんが「ソフトバンクのiPhoneこそ本物、ドコモ・auのiPhon...

『ソニーのiPhone』とは Xperiaとは異なる架空のスマホ

とあるスマホ販売員さんが『ソニーのiPhone』を探し求めるお客さんに遭遇したと...

勝間和代さんが2018年おすすめの家電ランキング ベスト5を発表 【俺たちのメルカリ】

2018年12月6日に『俺たちのメルカリ ブロガーミートアップ』というイベントが...

アクセスランキング

まとめ作者