2019年08月31日更新
花園万頭 倒産 和菓子

【破産】創業180年の倒産劇 新宿の和菓子店「花園万頭」が破産 コンビニスイーツの進化を見くびった?

江戸時代から続く東京・新宿の和菓子店「花園万頭」が破産した。「日本一高い日本一うまい」を売りにし、「ぬれ甘なつと」というヒット商品もあった。なぜ経営が行き詰まったのか。背景にあったのは「コンビニスイーツの進化」だった――。

163
0
バブル期の設備投資後、土地価格が下がり、負債が増えたことも収益に影響した。

さらには、百貨店の不振やリーマン・ショックによる景気低迷の余波を受け、2009年6月期は当期純損失約7億6000万円の大赤字となった。
その中でも新商品「東京あんプリン」の発売や、金沢で売却した「石川屋」ののれんを借り、西武池袋店等に新ブランド「石川屋本舗梅翁」を出店する。

しかし、やはり売上が伸びることはなかった。かつては火事に戦争と、売上を低迷させる大きな逆境を、そのたびに乗り越えてきた同社はなぜ、ここで伸び悩んだのか。時代背景として今までと大きく異なったのは、コンビニの台頭だ。

日本フランチャイズチェーン協会の統計データによると、調査が始まった1983年には7000店にも満たなかったコンビニは、2000年代に突入する頃には3万8000店余りにまで増加。花園万頭が大赤字となった2009年前後には、4万店を突破していた。

しかも、店舗数が増加し、消費者にとって一段と身近な存在となるにつれて、「便利だが品質はイマイチ」だったコンビニ商品に質的な向上も見られるようになった。
その代表格が、およそ2006年頃に始まった“コンビニスイーツ”の進化である。各チェーンのプライベートブランドで、流行が取り入れられ、安価で、しかもおいしいスイーツが続々と世に送り出されるようになった。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

みんなの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

グルメの新着

【話題】タピオカ、意外な形で10年ほど前に流行っていたことが判明

セブンイレブンでも売ってますね

【新商品】「スライムむしぱん」ローソンストア100で9月25日発売!レジを通すとレベルアップの音

ローソンストア100に、2019年9月25日より「ドラゴンクエストXI 過ぎ去り...

【ラーメン】イラストまとめ

【ラーメン】イラストまとめです

【回転寿司】イラストまとめ

【回転寿司】イラストまとめです。

【すし・寿司・鮨】イラストまとめ

【すし・寿司・鮨】イラストまとめです

【話題】唐揚げ定食200円プラスで増量サービス 増量の上限が半端ないと話題に

そんなに食べられません

アクセスランキング

まとめ作者