2018年05月22日更新
日大アメフト 宮川泰介 山口達也

【アメフト】日大宮川泰介選手とTOKIO山口達也の違いが話題 「やめます」VS「私の席があれば」

アメリカンフットボールの悪質タックル問題で、関学大選手にけがをさせたプレーをした日大の宮川泰介選手(20)は、記者会見の中で被害選手らに謝罪し、「この先、アメリカンフットボールをやるつもりもありません」と断言した。取材陣から類似の質問が複数飛んだが、ブレることなく、同様の答えを繰り返した

1005
0

 宮川選手は2018年5月22日の都内の会見で、高校生の時にアメフトを始め、「とても楽しいスポーツ」と思っていたが、大学時代に入って次第に厳しい環境に身を置くようになり、

  「あまり好きではなくなってしまった部分もあります」

と心情を吐露。自身の今後について聞かれると、

  「僕がアメリカンフットボールを続けていく権利はないと思ってます」
  「この先、アメリカンフットボールをやるつもりもありません」

と、毅然とした態度で断言した。一方で、

  「今のところ、何をしていくべきなのか、も分からない」

と戸惑っている様子も見せた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者