2018年01月16日更新
社畜 雑学 悲報

【悲報】日本の社畜はとにかく悲しく孤独なソルジャー

日本の同調圧力、年功序列が産んだ最低の社会制度、会社、社畜の悲しすぎる性質、特徴の紹介まとめです。思わず涙が出てしまいます。

1588
1

社畜(しゃちく)とは

画像を拡大

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、社員として勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化した賃金労働者の状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語かつ俗語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。

出典:cyac.com

正社員(正規雇用)のみならず非正規雇用全般(アルバイト・パートタイム・派遣社員・契約社員・嘱託社員等)で1日8時間より多く働く者も同等とされる。

英語圏では同様の概念として「wage slave」(賃金奴隷)が存在する。

1990年(平成2年)の流行語の一つに挙げられている。類語に長年の勤務にくたびれた中年層のサラリーマンの状態を指す「勤続疲労」(金属疲労のもじり)がある。

出展:Youtube

「社畜ちゃんアラーム」音声サンプル動画

スマートフォン向けアプリ「社畜ちゃんアラーム」に使われているアラーム音声のサンプルが聴ける動画です。 「社畜ちゃんアラーム」はGoogle...

社畜(しゃちく:学名 Karoshi Shachicus、 Capitalism's Livestock)とは、哺乳網霊長目ヒト科の動物で、ヒトを会社が飼い慣らしやすいようにカイゼンしたものである。忍耐力が強く、過酷な環境への適応性が高いため飼育は容易である。主に日本で飼育が盛んだが、一部は海外にも輸出されている。最近では海外にも棲息していることが確認されている。日本の社畜に比べて海外の社畜は耐性が強く頑強であることから積極的に捕獲が推進され日本で飼い慣らされているが、その結果役立たずとなった日本の社畜は淘汰されつつある。

社畜の悲しい事例

ブラック企業ばかりを数社渡り歩いた経験から、生々しい社畜事例の数々をご紹介。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

入社した瞬間から人権剥奪。人格否定、暴力、罵詈雑言により徹底して抵抗意欲を奪おうとしてくる。

画像を拡大

求人情報は嘘ばかり。
残業無しなどを謳って人を募集しておいて毎日深夜や朝まで残業が普通。
日付が変わる前に会社を出られるところなんて稀。

出典:com.nicovideo.jp

休日など架空の存在。残業代、休日手当、給料、すべてがなく働く日を、世間では休日という。

ブラック企業勤務だと、だいたい年間休日15日、労働350日などが当たり前。
場合によっては365日勤務の会社も。

残業はもちろんすべてサービス残業。
残業代なんて概念はブラック企業にはありません。

画像を拡大

規則や効率よりもすべて上役の機嫌、気分で動く。
本来企業の目的は利益をあげることでしょうが、ブラック企業というのは、狂った無能老人の、優越感に浸るための遊び場なので、仕事の効率化などどうでもいい、すべて上司のご機嫌とりが最優先です。

出典:d.gao7.com

法定勤務時間よりも残業時間の方が長い。
定時という茶番スケジュールを超えてからが本当の仕事。

画像を拡大

体調不良で休みなどありえない。
休もうとも家まで連れ出しにくる。

出典:twitter.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

【火事】栃木県下都賀郡壬生町の工場で大きな火災 黒煙あがる 8/15

栃木県下都賀郡壬生町の工場で大きな火災

東海道線 平塚駅で人身事故「ジャンプして飛び込み。まだ生きてる」 8/15

東海道本線 平塚駅で人身事故

ちょっと哲学的なアメリカンジョーク集

哲学的過ぎるとちょっとシュールになりがちな、はたまたネタに走ったかのような逸話が...

相模線 番田駅で車両故障により上下線で運転見合わせ&電車遅延 8/14

相模線でダイヤに乱れ 8/14

【事故】東北道下り 羽生PA~館林IC 利根川橋付近で自動車の多重事故により渋滞 8/14

東北道で羽生~館林間で事故

【事故】天神1丁目 渡辺通4丁目交差点付近で自転車とタクシーの人身事故 8/14

福岡県福岡市中央区天神で自転車とタクシーの事故

アクセスランキング

まとめ作者