2018年08月08日更新
グルメ バーニャカウダ 野菜

バーニャカウダというオシャレでおいし過ぎる野菜料理

元はイタリア料理ながら、野菜がたくさん摂れてオシャレな料理のため、近年居酒屋メニューなどで爆発的に広がってきたバーニャカウダのご紹介。

379
1

バーニャカウダとは

画像を拡大

バーニャ・カウダ(ピエモンテ語:Bagna càuda)はイタリア・ピエモンテ州を代表する冬の鍋料理である。ピエモンテ語で「バーニャ」は「ソース」、「カウダ」は「熱い」を意味する。
テーブルの上に“フォイョ“と呼ばれるテラコッタ製の鍋を置き、アンチョビ、火を通して柔らかくしたニンニク、オリーブ・オイルを混ぜ合わせたディップソースを温め、野菜を浸して食べるフォンデュに類似した料理である。

出典:pinterest.com/pin/53339576808357129
画像を拡大

使われる野菜は、カブ、セロリ、ペペローニ(パプリカ)、ニンジン、キャベツ、ラディッキオ、カーボルフィオーレ(カリフラワー)、トピナンブール(キクイモ)などの生野菜や、下茹でしたジャガイモ、カルド(野生のアーティチョーク)、カボチャ、ビーツなど。
通常は野菜につけて食べるが、焼いた肉、魚、茹でた肉などにもつける。ソースが残り少なくなると、最後に卵を割りいれてスクランブルエッグにして食べる。

出典:matome.naver.jp/odai/2133274440484164101/2133275498584621103
画像を拡大

近年、日本ではバーニャカウダの風味を取り入れたディップや合わせ調味料などが多数商品化されている。
冷たいソースを使う場合はバーニャ・フレッダ、もしくはバーニャ・フレイダ(Bagna Freida.Freidaはピエモンテ語で「冷たい」を意味する)と呼ばれる。

出典:matome.naver.jp/odai/2136066783174658401/2136127579901947103
画像を拡大

野菜の種類は問わず、バーニャカウダソースにはよく合うので、日本の野菜、きゅうりやダイコン、にんじん、白菜なども実によく合う。

出典:chefgohan.gnavi.co.jp
出展:Youtube

プロが教える バーニャカウダソースの作り方 【Bagna cauda】

保存の利くバーニャカウダをご紹介致します。 季節によって旬のお野菜をお皿一杯に乗せてお召し上がり下さい。 ャンネル登録はこちら↓...

評判

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

グルメの新着

おいしくてヘルシーな海藻もずく

古くから日本人に食べられ、ヘルシーかつ栄養豊富な海藻のもずく紹介まとめです。...

群馬県のローカルフードにして絶品のタルタルカツ丼

ふっくら揚がったおいしいカツにこってりタルタルソースをかけて食べる絶品タルタルカ...

何にかけてもこってりおいしくしてくれるタルタルソース

何の料理、食材にかけてもよりこってりおいしくしてくれる貴重な調味料のタルタルソー...

【スタバ福袋】スターバックス福袋2019の抽選結果☆当選者が多め?当落・中身ネタバレ・感想まとめ

スターバックス福袋が2019年の抽選結果が続々と到着!今年は当選したとの声が多め...

シンプルながらおいしく無限に食べられるたまごかけごはん

たまごかけごはんという日本人ならではのシンプルかつおいしい卵とごはんを食べる料理...

1日じゃ食べ尽くせない!神戸ルミナリエ2018 おすすめの屋台・食べ物まとめ!

神戸ルミナリエに出かけるなら、商店街の出店あるいは東遊園地の屋台で、食べ歩きをす...

アクセスランキング

まとめ作者