2018年04月20日更新
グルメ ビーフン 麺類

麺好き日本人なら好きで当たり前?のビーフン料理

麺好きで、米食民族の日本人ならなじみがあってしかるべきの、米粉の麺食材、ビーフンを用いたおいしい料理の紹介まとめです。

371
1
画像を拡大

ビーフン(中国語: 米粉)とは、うるち米を原料とするライスヌードルの一種である。中国福建省や台湾、日本で食べられるものは一般的に素麺のような細長い形状をしており、日本語でビーフンというと普通これを指す。英語では rice vermicelli と呼ぶことが多い。
中国南部の福建省周辺が発祥であり、漢字では米粉と表記する。日本語のビーフンは閩南語や台湾語の発音「ビーフン (bí-hún)」に由来する外来語である。東アジアの華中以南は米作地帯であり、それらの地域では小麦の生産量が少ない。そのため、小麦粉の「麺」(ミエン)ではなく、ライスヌードルを意味する「粉」(フェン)が日常的に食べられており、種類も多い。一般的にビーフンは乾燥させた状態で流通、販売されるが、産地では乾燥前の販売もある。

出典:www.food-sommelier.jp
画像を拡大

台湾や中国南部(閩南語: ビーブン、北京語: ミーフェン、広東語: マイファン)、ベトナム(ベトナム語: ブン、bún)、タイ(タイ語: センミー、เส้นหมี่ )、インドネシア(インドネシア語: bihun, mihun)、マレーシア(マレー語: mee hoon, mihun, bihun)、シンガポール、フィリピン(タガログ語: pansit)、ミャンマーなどで盛んに食用とされる。
ビーフンは本来、中国語名「米粉」の漢字の示す通り、伝統的には米の粉のみから作られるものであるが、近年では米以外のデンプンも原材料の一部として使うことが増えてきている。これには原材料コストを下げるためと品質改善のためと二つの目的がある。

出典:www.asahi.com
画像を拡大

完成したビーフンは、乾燥させているため長期の保存ができるが、そのため調理時は、あらかじめしばらくぬるま湯に漬けるか、熱湯で軽く茹でるかして柔らかくする。調理方法はさまざまではあるが、炒める場合とスープに入れる場合が多い。小麦粉で作られた中華麺と同じ調理方法で、麺だけ異なるといったこともある。
また、日本で食されるビーフンはほぼ太さが決まっているが、東南アジアにおいては極細いものから、日本の饂飩なみに太いもの、シート状のものまで多種のライスヌードルが存在し、その分多くの名称や種類の料理が存在する。

出典:www.koujuan.co.jp
出展:Youtube

Yaki bi-hun♪(Fried rice noodles) 焼きビーフン♪

チャンネル登録はこちらから/Please Subscibe soon! https://www.youtube.com/channel/UCOIib687CvPbspbVsXimX6Q?sub_confirmation=1 動画の裏話やデータ(The report in my blog):...

様々なビーフン料理

画像を拡大

日本でも一般的なビーフン利用料理は、焼きそばのように、肉、野菜と炒めたものです。

出典:japaneseclass.jp
画像を拡大

エスニック料理などでは汁麺にすることも多いです。

出典:gensun.org

スポンサーリンク

スポンサーリンク

画像を拡大

簡単に料理できるように、最近ではすぐに使える乾麺が売っています。

出典:www.kenko.com

評判

スポンサーリンク

スポンサーリンク

グルメの新着

【鬼女】「なぜ、ピンクの器にカレーライス?」辻希美の盛り付けが食欲なくなると大不評

辻は投稿で「カレーライス、唐揚げ、回鍋肉風野菜炒め、冷奴でした♪(v^_^)vご...

魚介大好き日本人の好む魚卵

世界の中でも特に多くの魚介類を愛し、食べる日本人ならではのたくさんの魚卵の料理や...

美味しんぼでも紹介された栄養満点の家庭料理「及第粥(きゅうだいがゆ)」

かつては科挙に合格するために家庭で作られていたと言われる及第粥(きゅうだいがゆ)...

おいしくて独特なヤギ乳チーズのシェーブルチーズ

独特の風味や酸味でファンも多く、世界でも広く愛されているシェーブルチーズの紹介ま...

9月18日発売の『大人なガリガリ君マスカット』☆早くも「めちゃ美味い!」と絶賛の声

赤城乳業の氷菓ガリガリ君シリーズに『大人なガリガリ君マスカット』が登場!果汁55...

【名店閉店/うどん】梅田の名店「はがくれ」30年の幕を下ろし9/25に閉店!最後に味わおうと多数行列

うどんにかける生(き)じょうゆは2往復半」。名物店主がユーモアたっぷりに食べ方を...

アクセスランキング

まとめ作者