【2018センター試験 解答速報】英語リスニングの解答・難易度は難化|平成30年大学入試センター試験

2018年センター試験 英語リスニングの各予備校の講評・問題文・解答のまとめやリンクです。 解答速報!!今後合格ラインなども更新です。

42193
0

2018センター試験 英語リスニング

各予備校のセンター試験の英語リスニングの講評

代々木ゼミナール

日常会話やモノローグなど、幅広く英語の聴解力が問われている。難解な内容の問題はないが、発言や選択肢の意味をよく汲み取る必要がある。
引用元:sokuho.yozemi.ac.jp(引用元へはこちらから)

河合塾

設問総数(25問)と読み上げ文の総語数にほとんど変化はなかった。印刷された質問・選択肢の総語数は約70語増え、その点では若干負担増だったものの、第3問Bの情報読み取りの負担は若干軽減された。
難易度 やや難化
対話の流れをより正確に理解する力と、これまで以上に多様な応答表現の知識が問われた。

引用元:kaisoku.kawai-juku.ac.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東進ハイスクール

大問数、設問数、マーク数、配点とも変化なし 
引用元:www.toshin.com(引用元へはこちらから)

駿台・ベネッセ

出題形式・配点・傾向は昨年より変更なし。実践的な英語力と、音声や非連続テキストを把握する力が求められた
引用元:dn-sundai.benesse.ne.jp(引用元へはこちらから)

解答速報

ユーザーによる解答速報

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

アクセスランキング

まとめ作者