2018年01月14日更新
センター試験 英語 解答速報

【2018センター試験 解答速報】英語 の解答・難易度は やや易化|平成30年 大学入試センター試験

2018年センター試験 英語の各予備校の講評・問題文・解答のまとめやリンクです。 解答速報!!今後合格ラインなども更新です。

67957
0

2018センター試験 英語

大問数は6題で変化はなかったが、形式や配点に一部に変化があった。

 形式面では、昨年までの第3問A(対話文中の空所補充問題)の出題がなくなり、第3問はA(不要な文の選択)、B(意見内容の要約)の2パート構成に減少した。一方、第4問B(説明文書などの読み取り)では設問数が1つ増加した。大問配点の増減は、第2問(+3点)、第3問(-8点)、第4問(+5点)であった。

問題量

第3問~第6問の読解問題の本文語数は約2900語で、昨年度より約100語増えた。
設問選択肢を合わせた総語数は約3700語で、昨年度より約100語増えた。
引用元:sokuho.yozemi.ac.jp(引用元へはこちらから)

各予備校のセンター試験の英語の講評

代々木ゼミナール

スポンサーリンク

スポンサーリンク

第3問から対話文完成問題がなくなり、第5問では題材が物語文から日誌の抜粋に変わった。また、全体の読解量が昨年度より増えた。
引用元:sokuho.yozemi.ac.jp(引用元へはこちらから)

河合塾

センター試験が始まって以来出題され続けてきた対話文完成問題が姿を消した。昨年に引き続き、センター試験では出されたことのない、珍しい内容の文章が第5問で出題された。
なお、第3問Aの問2の「トマトは野菜か果物か」という文章の内容は、今年度冬期講習「センター試験攻略英語テスト」第4講第3問B問1と酷似している。
難易度 昨年並み
全体としては昨年並み。
引用元:kaisoku.kawai-juku.ac.jp(引用元へはこちらから)

東進ハイスクール

第3問がA・Bのみとなり、第2問、第3問、第4問の配点に変化あり。 
引用元:www.toshin.com(引用元へはこちらから)

駿台・ベネッセ

昨年同様、発音・アクセントから、読解、視覚情報を含む英文理解までの幅広い領域から問われており、多岐にわたるジャンル・形式の出題であった。
引用元:dn-sundai.benesse.ne.jp(引用元へはこちらから)

解答速報

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

アクセスランキング

まとめ作者