2020年09月04日更新
柴咲コウ 種苗法改正案 反対運動

【残念】日本の農業を守る「種苗法改正」見送りに…柴咲コウの発言から”反対運動”広まった

柴咲コウのツイートをきっかけに反対派の動きが活発になった「種苗法改正」。しかし、彼女のツイート自体が誤解だらけで、国民に間違った情報が広まってしまったことは由々しき事態だ。結果として法改正見送りになってしまったことが残念でならない。

404
0

▼本当は必要だった「種苗法改正」採決見送りに

出典:www.maff.go.jp/j/p_gal/index.html

江藤農林水産大臣


大臣は引き続き今国会での改正を目指すと明言しているが…
種苗法改正案の今国会での成立が見送られる見通しとなった。
引用元:www.agrinews.co.jp(引用元へはこちらから)
報道によると、一部野党が法案に懸念を示しているため、成立まで時間がかかることが見送りの理由だという。
引用元:www.j-cast.com(引用元へはこちらから)
自民党の森山裕国対委員長は20日、種苗法改正案の今国会での成立を見送った理由について、「日本の農家をしっかり守る法律だが、どうも逆に伝わっている」と語ったと報じられている。
引用元:www.huffingtonpost.jp(引用元へはこちらから)

ネット上でも「残念」との声が上がる法改正見送り。


「種苗法」の改正案はどのようなものだったのだろうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

・”パクり常習犯”の中韓から名産品を守るための法改正

出典:blogs.yahoo.co.jp/norikko_pon77/61341783.html

種苗法とは?


植物(花や農産物など)の新たな品種を作った者は、その新品種を登録することで品種を育成する権利(育成者権)を占有することができるというもの。
この種苗法における育成者権を巡っては、他の知的財産権と同様に、アジアなどにおける海賊版農産物が大きな問題になっている。例えば、日本国内で開発された新品種(北海道が育成したいんげん豆「雪手亡」や、栃木県が育成したいちご「とちおとめ」など)が、中国や韓国などで無断で栽培され、日本に逆輸入される事件があった。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
現に平昌五輪でカーリング女子日本代表が食べていたイチゴは、韓国が日本から品種を盗んで栽培していたものだった。
このようなことは、農業関係者の長い間の努力にただ乗りする行為であって、日本の付加価値の高い産業の力を弱めることになるため、農林水産省生産局をはじめ、政府各機関では、育成者権の侵害対策強化に乗り出している。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
日本の農業を守るためには、この法律をより良いものにしていく必要があるのだ。
出典:stat.ameba.jp

”海賊版”による損失額220億円


5年間のイチゴ不当流出だけでこの額だから、農作物全体で見たらとんでもない損失額になっていることだろう。

・農水省の知的財産課が示した、法改正の”意義”

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:solife-a.com

農林水産省の見解


世間にあまり知られていない「種苗法」の改正案だが、農水省の説明を聞くと「これは必要だな」と納得できる。
「プロが作った種で品質が下がるのを止めることが可能で、むしろ産地形成にプラスになります。農業を発展させるための改正ですので、農業崩壊はしないと考えています。許諾などの手続きが煩雑になる懸念は確かにありますので、煩雑さをできるだけ少なくしたいです。一般品種については自家増殖できますので、誤解が解ければ反対する理由はないのではと思っています」
引用元:www.j-cast.com(引用元へはこちらから)
手続き面での負担軽減策も検討中だ。
そのうえで、種苗法改正の意義をこう説明した。

「国内からの持ち出しを止めるための非常に重要な改正であり、もちろん海外での品種登録も進めたいと考えています。日本の品種は、海外に比べても優れていますので、外資企業などから高価な種を買わないといけないということは考えられません。海外に負けない品種を作るためのモチベーションになりますので、制限しないことは逆に外資の攻勢を許すことにもつながります」
引用元:www.j-cast.com(引用元へはこちらから)
”パクられ放題”では品種改良のモチベーションも下がってしまう。
それこそ”農業崩壊”に繋がりかねない。

日本のブランドを悪い隣国から守るには、法改正が不可欠。


つくづく、現時点での採決見送りは残念でならない。

▼発端は柴咲コウ!?「種苗法改正」”反対派”の動き

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.news-postseven.com

柴咲コウ


女優、歌手、実業家。
オーガニック食品の企画なども手掛けたことがある。
採決見送りとなった原因の一つとされるのが、女優・柴咲コウのツイートだ。
彼女は種苗法の改正によって、農家が収穫物から種などを採取し栽培に使う「自家増殖」が全面禁止になると勘違いし”抗議”のツイートを行った。

・柴咲コウが”抗議”ツイート⇒炎上し削除

出典:www.jijitsu.net

柴咲コウのツイート


※現在は削除されている。
「知らない人が多いことに危惧している」と言いながら、本人もきちんと改正案を知らないという皮肉。

※法改正で「自家増殖」が禁止になるわけではない

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

【動画】アイナ・ジ・エンド。ソロアルバム収録曲。6年越しの『スイカ』のMVを公開&先行配信!

BiSHのアイナ・ジ・エンド。ソロアルバムを2月に発売しますが、その中でもBiS...

緊急事態宣言の延長が決まっちゃってる?『2月末まで延長』との可能性が高いのかも。

2月7日が期限となっている新型コロナ緊急事態宣言。現在11都府県に発令中ですが、...

【ボス恋主題歌】Kis-My-Ft2の新曲『Luv Bias』ジャケ写公開で『ポスターにしてw』

玉森裕太さんが出演中のドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の主題歌として流れて...

麻生太郎の側近議員・松本純(70)、イタリアンや銀座のクラブを飲み歩き23時まで大豪遊!

当選7回、国家公安委員長など大臣を歴任、昭和25年生まれの70歳──そんな自民党...

刃物男に警察官1発発砲して命中「刃物男を一発で制圧した警察官さんすごいな。」

警察官が駆けつけると、包丁を持って暴れている男がいたため、警察官が拳銃を発砲し、...

【速報】TBSひるおび、今年10月打ち切り!? 一部メディアの報道が話題に

 30年以上続く長寿番組『噂の!東京マガジン』をはじめ、立川志らく(57)がMC...

アクセスランキング

広島 小園海斗が20歳で結婚! 以前噂になった渡辺リサが相手か?とネットで話題になる

広島は20日、小園海斗内野手(20)が結婚したことを発表した。  球団広報を通し...

【祭り】有名絵師の誤BAN疑惑に運営が回答「何度もチェックして悪質なものをBANしてます」→炎上

有名絵師が誤BANされた報告→信者が運営に絵師に誤BANするなと問い合わせ→運営...

【解答速報】2021年01月 実用英語技能検定(英検)(1次)試験 解答発表!

2021年1月に行われる実用英語技能検定(1次)試験の合格基準、解答速報、受験生...

【訃報】女優のソン・ユジョンさん死去 享年26歳 死因は?

女優のソン・ユジョンさんが亡くなった。享年26歳。 25日、所属事務所のSub...

【火事】神奈川県横浜市で火事発生!「横浜第二合同庁舎で火事」「みなとみらいめちゃくちゃ燃えてる」

2021/1/25  神奈川県横浜市で火事との情報がありました。 それに関するツ...

【炎上】「映画秘宝」の公式ツイ垢、批判ツイートをしたツイ民に「死にたい」とメンヘラDMを送ってしまう

あるラジオに「映画秘宝」という雑誌の人がゲストで出演 →リスナーが「映画秘宝に...

まとめ作者