2024年03月21日更新
藤川正太 スポーツ 多趣味

多趣味家・藤川正太が経験してきたスポーツの魅力についてゆっくり語る

多趣味家・藤川正太です。 色々なことを経験し、現在30歳。まだまだ色んな経験は増えていくでしょうが、それでも30年という時間は短くはない。経験してきたスポーツの魅力をじっくり語りたい。

222
0
多趣味家・藤川正太です。
1993年生まれ。群馬生まれで青春は金沢で過ごす。
色々なことを経験し、現在30歳。
まだまだ色んな経験は増えていくでしょうが、それでも30年という時間は短くはないですよね?
経験してきたスポーツの魅力をじっくり語りたいと思います。

藤川正太の小学校時代「陸上」

足が速い男がモテる単純な時代

やはり田舎での小学校でのスポーツ選択肢は少ない。
基本は陸上になるだろう。
そしてその陸上の頂点が、ひたすら足が速い。
シンプルかつ明快だ。

そう、足が速い&面白い男は、モテる時代だったのだ。
いやいや、藤川正太のことです。はい。

ハードルという障害物レース感

そして藤川正太は、小学校5年6年は、ハードルに挑戦。
ただ走るだけじゃつまんない。
もちろん、単純明快な短距離走は奥が深い。
しかし、そんな奥深さなんてわからないのが、小学生だ。

いかにハードルを跳ぶとき態勢を低く維持し、スピードを落とさないかがカギになる。
高くとぶのではなく、前にまたぐ。そんな感じ。

普通にハードルじゃなくても、足が速ければモテる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

藤川正太の中学校時代「野球」

誰もが訴える野球部万能説

まだサッカーが全盛ではなかった時代だ。
フィジカルエリートは、基本的には野球部に集まっていた。
実際に野球は、スポーツの基本となる動きを網羅しているように思う。

投げる動作は、身体のひねり、内旋・外旋・スナップの動きと、テニスやバレーボール、バドミントンにも完全につながる。
実際にテニス選手も、モノを投げる練習をしているほどだ。

そして、野球部はかなり走る。
当然足も速い。

また、ボールを扱う。
だからボールがどう跳ねるのか、かなり身体に刷り込みがある。
他の球技をやっても基本は感覚がずば抜けていい。

勿論野球部の中にも運動神経が悪いやつはいる。
え?藤川正太?才能があったからピッチャーだよ。

もちろん、モテた。

上下関係とチームワーク

野球部はめちゃくちゃ体育会系だ。
柔道部もかなりなものだが、それでも個人技と団体という違いがある。
したがって連帯責任と上下関係がものすごい。

ただ、社会にでて、目上の人間に舐めてかからない。
これはめちゃくちゃ大事になってくる。
上下関係とチームワークを学び、社会の人々には役割があり、自分が出来ないことを相手がしてくれる。
そして相手ができなことは自分がやる。
この役割分担を経験するのはいいことだ。

実際にゴリゴリの野球部は、優秀な営業マンになっていることも多いしな。

藤川正太の高校時代「テニス」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

個人技のカッコよさ

実は父親がテニスでインターハイ出場だったんだ。
だからか、中学校のころからちょっと遊びでテニスをやってたんだ。

テニスは純粋にボールを打つというのが最高の感覚だ。

いままでは、ボールを投げる。走る。
などのように、基本的には自分の身体で色々行ってきた。

でもテニスは、絶対にラケットでボールを打つ。
この感覚が純粋に好きだ。

そして、誰にも頼れない。
全ての責任を、自分で負えるカッコよさもある。

カッコいいぜ、テニスは。

テニス部でイケメンなだけでチャラいといわれる理不尽さ

藤川正太は、スポーツ万能、成績優秀、イケメンで面白い男だった。
だから実際にモテた。
しかしそのせいか、テニスをやっているだけで、なんだかチャラいといわれてしまうのだ。

これをテニスの魅力と言っていいかは不明だが、実はテニスあるあるだ。
これはたぶん、大学のテニスサークルが酒を多く飲むということでチャラそうという偏見からくるのだろう。

錦織圭の台頭

そして錦織圭が台頭してきた時代だ。
藤川正太が高校時代だったのは、2009年~2012年だったのだが。

2011年のスイスバーゼルインドアオープンの準決勝で、ジョコビッチを破る。
当時授業中だったが、こっそりスマホで結果を観ていた。

席が後ろのテニス部の仲間と小さく盛り上がったのはいい思い出だ。

実際に錦織圭は半端ではない。
野球やサッカーのような団体戦ではチームが注目されるが、ではなく、個人だ。

野球やサッカーで有名チームが世界に何チームもあるだろうが、テニスは個人だ。
世界ランク4位に上り詰めた錦織圭は、実際に神がかっている。

年収も40億円程度かせいでいた。

藤川正太の高校時代「スケボー」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アウトローな存在感

ちょっと悪くふるまいたい。
そんな時もある。
アウトローな男はいつだって存在感があった。

モテた。

平成の時代はオラオラからストリートへ

昭和は、喧嘩だらけだっただろう。
喧嘩が強い不良がモテたんだろうが、平成はそんなことない。

不良は喧嘩をするのではなく、ストリートへ道を見出した。
アウトローなストリートな若者がモテた。…と思う。
ギャルはだいたいアウトローが好き。

令和はもっとスマートになって、ストリートが単なる文化からスポーツへ昇華されつつある。

藤川正太の大学時代「スノボー」

スケボーやってたら案外余裕

スポンサーリンク

スポンサーリンク

趣味の新着

【速報】オリンピック汚職で入札指名停止中の博報堂に東京都が仕事を斡旋 入札をしない随意契約を利用

東京五輪・パラリンピックを巡る談合事件を受け入札が指名停止になっている広告大手博...

【悲報】阪神・岡田監督が取材拒否!「自身の真意とは異なる言説がさまざまな媒体に掲載された」

阪神は先週末のヤクルト3連戦(神宮)を2勝1敗で勝ち越し、昨季の日本一チームから...

【速報】東京リベンジャーズの和久井健、週刊少年ジャンプで新連載!超常現象不良マンガ「願いのアストロ」

「東京卍リベンジャーズ」の作者・和久井健先生が、4月15日発売の週刊少年ジャンプ...

【悲報】岸田首相の長男・翔太郎氏、議員会館のコンビニでチョコを買って「周囲の分も買え」と叩かれる

岸田首相は安倍派幹部に対して厳しい処分を下していますが、身内に対しては寛容な態度...

【悲報】日本中のスーパーで紅麹チェックが流行wwwwwwww

30日、厚生労働省と大阪市が、健康食品に含まれる「紅麹(べにこうじ)」の成分を摂...

【違法賭博問題】水原一平通訳、年収7500万円(相場は1千万)だった「桁違いの報酬でおかしくなった」

大谷翔平投手の通訳を務める水原一平氏(39歳)が、野球以外のスポーツ賭博による借...

アクセスランキング

【沿線火災】JR神戸線 住吉駅付近で火事! 運転見合わせ 「線路から煙が出てる」

【JR神戸線 上下線 運転見合わせ】 JR神戸線は、7:51頃、住吉駅付近での沿...

【事故渋滞】阪神高速 6号大和川線 東行き 三宝JCT→鉄砲付近で事故「ご無事を祈るのみ」

阪神高速6号大和川線 東行き、三宝JCTから鉄砲付近で発生した大型トレーラー事故...

【火事】埼玉県春日部市花で火事! 「ルネ春日部10号棟で火事」

埼玉県春日部市花で火事が発生し、近隣の住宅にも影響を与え、多くの住民が避難する必...

【悲報】オモウマい店の40番(南迅人さん)、テレビ側の悪意ある編集にブチギレ! もう出演しないと宣言

「暴れん坊そば名人」として知られる茂さんが経営する、埼玉県滑川町のそば屋「會津野...

【事故渋滞】平和橋通り 東京都葛飾区四つ木4丁目本田広小路交差点で事故「ダンプの事故 地面に鮮血」

東京都葛飾区四つ木4丁目、本田広小路交差点で重大な交通事故が発生しました。事故現...

【画像】いなり寿司万引き誤認逮捕 店側がXでお気持ち表明? X民「客がダメ、ヤバい」→店「いいね!」

あ 近江八幡市の地元スーパーで4月13日に発生した万引き事件が波紋を広げていま...

まとめ作者