2017年04月30日更新
浪江町 火災 災害派遣要請

【福島・山火事】帰還困難区域の浪江町の山林で火災、人立ち入れず自衛隊に災害派遣要請も

原発事故による帰還困難区域、放射線量、放射能、被爆

8610
0
原発事故による帰還困難区域となっている浪江町の山林から、29日夕方、火が出て、少なくとも10ヘクタールが焼け、丸1日が経った今も燃え続けています。
人や建物に被害は出ていませんが、福島県は自衛隊に災害派遣を要請し、5月1日、あらためてヘリコプターでの消火活動が行われる予定です。
引用元:www3.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)
福島県や宮城県などのヘリコプターが30日朝早くから、消火にあたりました。
火は、30日午前7時半すぎにいったん、ほぼ消し止められたものの、強風で再び勢いを増し、さらに燃え広がったため、福島県は30日正午、自衛隊に災害派遣を要請し、ともにヘリコプターで消火作業にあたりました。
出火から丸1日余りがたった30日午後5時現在、少なくとも10ヘクタールの山林が焼けたということですが、人や建物への被害は出ていないということです。
引用元:www3.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者