【プリンセス・プリンシパル】10話の小ネタ考察 ベアトが出した高い音は犬笛の真似、など

『プリンセス・プリンシパル』10話に出てきた細かいネタまとめです。「ベアトが犬を無力化させるために出した音は犬のしつけに使われる犬笛の音」「ししおどしの効果は鹿よけ」といった元ネタ分析をしたり、「アンジェの同級生は20~40人いた」などのラジオで明かされた設定を紹介したりしています。

19296
0

ベアトが出した音は犬笛の音

画像を拡大

ベアトが喉の機械からキーンという高音を出すと、倉庫を守っていた犬たちが地面に伏せておとなしくなりました。

これは、犬のしつけに用いられる犬笛の音を真似たためだと思われます。

出典:10話
犬笛の特徴は、犬には聞こえても、「人間には聞こえない(もしくは聞きにくい)音域の音」を出します。

犬と人間とを比較すると、特に高周波数への感受性は犬の方がはるかに高いので、犬笛を使用することで、周りの人間には気づかれることなく、犬笛で犬に的確な指示をだすことが可能になるのです。
引用元:wanchan.jp(引用元へはこちらから)

委員長が仕掛けたトラップの仕組み

画像を拡大

委員長が城に戻って、床に敷いていた絨毯のようなものをめくると、そこには黒い足跡がびっしり。

プリプリ制作スタッフの片貝氏によれば…。

出典:10話

ししおどしの効果

スポンサーリンク

スポンサーリンク

画像を拡大

プリンセスから「ししおどしは何に使うものなのですか?」と質問されたちせ。しかし、答えを知らなかったようでウーンと考え込んでいました。

出典:10話
画像を拡大

こちらが本来のししおどし。竹で作られていて、カコーンと乾いた音がします。ちせのししおどしはゴーンという金属音がしました。

出典:www.youtube.com

アンジェがやっていた分解作業は何?

画像を拡大

養成所時代、アンジェと委員長は爆弾のようなものを分解し、そのスピードを競っていました。

これは砲弾を爆発しないように処理する訓練だったようです。

出典:10話
信管(しんかん) とは弾薬を構成する部品の一つであり、弾薬の種類と用途に応じて所望の時期と場所で弾薬を作動させるための装置である。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

趣味の新着

【りゅうおうのおしごと】プロ棋士と女流棋士、実は話にならない実力差があることがよく分かる図が話題

銀子さん、かなりすごいことがよくわかります

【首都圏大雪】飛行機が欠航ラッシュ 国内278便 18/1/22

空の便,国内便 日本航空が羽田と大阪、福岡、松山、那覇など空港を結ぶ122便、全...

埼京線 中浦和駅で人身事故「先頭車両でなんかやってる。救急隊とか警察いっぱい来ててやばい…」

事故

【関東甲信・東北】大雪に対し国土交通省が緊急発表、休校や自宅待機を早くの声も 17/1/21

巨大寒冷渦、大雪に対する国土交通省緊急発表、積雪

【行けたらいく】ドタキャン回避?北朝鮮、韓国を明日訪問か 17/1/20

北朝鮮、韓国を明日訪問へ 行けたらいく 北朝鮮訪問、オリンピック、ゲーム...

【覇穹 封神演義】2話感想 伯邑考ハンバーグ、酒池肉林、黄家自決 印象深いシーンがカットでファン悲鳴

覇穹 封神演義2話で感想 伯邑考ハンバーグ、酒池肉林、黄家自決などのシーンがカッ...

アクセスランキング

まとめ作者