2016年08月18日更新
おそ松さん カラ松 名言

【おそ松さん】カラ松の痛いセリフまとめ!中二病すぎていっそ清々しい!【名言】

アニメ『おそ松さん』のカラ松(CV:中村悠一)のセリフまとめです。中二病をこじらせてる感じが伝わってくる痛いセリフだけを厳選しています。そのセリフを言った場面の解説と感想ツイートもつけています。「クズだけど清々しい」「可愛い、養いたい」などの声が上がっています。25話分を追加して現在46セリフ!

1211336
1

「ブラザーたちに水道水など飲ませるわけにはいかない。

 この俺が最高級の最上級の雪解け水をプレゼントしてやる」

画像を拡大

風邪で寝込んでいる兄弟のために、雪山に水を探しに出かけたときのモノローグです。決意の固さを感じさせる、すごく渋い喋り方でしたが、結局、雪山で凍えてしまい、雪解け水を手に入れることはできませんでした。(14話)

出典:matomame.jp

「ウィンドの音…を聞いている俺」「スカイの香り…を嗅いでいる俺」

「そしてサンシャイン…を浴びている俺!」「ああ~、降りてくる、降りてくる!」

画像を拡大

屋上でギターを抱えて空を見つめながら言っていたセリフです。自然とふれあうことで、作曲するためのインスピレーションを得ようとしていたみたいです。(14話)

出典:matomame.jp

「フッ…俺は常々、人生というマウンテンを登っている…」

トド松が富士山に登ったことがあると分かって六つ子たちが盛り上がっているときに、カラ松が注目を集めようとして言ったセリフです。しかし、兄弟たちはカラ松の発言を完全にスルーして、トド松に食いついていました。(14話)

趣味の新着

アクセスランキング

まとめ作者