2017年06月05日更新
ブラック企業 社畜 就活

老害「今時の若者は悪びれずに休めるか聞く」「入社1年目から有給休暇を取ろうとする」

いよいよ6月から、新卒採用の企業面接が解禁される。時代とともに若者が会社に求めることは変化している。どうやら今の若者は、休みを重視する「余暇ファースト」主義らしい。 世代間の価値観のギャップが原因で、職場でハレーションが起きるのは世の常。彼らの行動の背景や本音を知ることから始めよう。

361
0

頼むから、出ないでくれ──。

都内の大学に通う、就職活動真っただ中の男子大学生、横山正さん(仮名・21歳)。ここ数日、夜11時以降は、一人暮らしのアパートの部屋から“志望企業”に電話をかけるのが日課になっている。
汗ばむ手でスマホを握りしめ、祈るように番号を押す。だがワンコール鳴ったところで、願いは砕け散る。

「はい、○○(会社名)でございます」

 相手の声を聞き、急いで電話を切った。

「ここも、ウソつきか……」

手帳に書いた志望リストの中から、電話に出た企業名にチェックを入れる。優先順位が落ちたことを示す印だ。日曜日に電話して電話に出た企業にも、同様のチェックをつけた。
明日は友達と飲みに行った後、深夜に志望企業の電気が消えているかどうか直接見に行くつもり。こうして、入社後に残業を強いられないか、週末は本当に休めるのか、企業の実態を確かめているのだ。

そこまでする理由は、企業が採用募集時に公表する平均残業時間や有休消化率を「全く信用できないから」(横山さん)だという。

「現に残業ゼロをうたっているところでも、深夜や日曜日でもワンコールで電話に出る人がいて、背後で働く人がいる様子が伝わってきたこともある。
先輩からも“会社が公表する数字なんて、お飾りみたいなものだ、信じるな”って言われてきました。いわば選考に進む前の“自己防衛”みたいなものです」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

健康の新着

熱中症対策 どうすればいいの?

熱中症が疑われるときは、ただ水分を補給するのではなく、塩分も一緒に補給することが...

猛暑続く 熱中症 死亡

共同通信の集計では、熱中症とみられる症状の救急搬送は全国で2020人に上り、新潟...

熱中症対策 暑さ指数 WBGTって?

熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。 単位...

【網膜剥離】北園涼さん、〜阿津賀志山異聞2018 巴里〜公演公演は声のみの出演

快方に向かうことを祈ります

【悲報】お母さんが育児に疲れて施設に預けられてる野坂悠馬、脳腫瘍発覚 残された時間は3ヶ月

つらすぎる

【あすか製薬】高血圧症治療剤のバルサルタン錠に発がん性物質が混入 自主回収へ

高血圧症治療剤「バルサルタン錠『AA』」、あすか製薬と外資系製薬のアクタビスの合...

アクセスランキング

まとめ作者