【大谷/MLB】批判し続ける張本勲、現役時の日米野球の成績は打率2割5分 14打点 、王長嶋より劣る

そもそも張本氏はレベルを語れるほどメジャーリーグのことを知っているのだろうか

235
0
。張本氏はプロ入り4年目の1962年、東映の4番打者としてパ・リーグ優勝に貢献。MVPにもなった。
そしてこの年の秋に来日したデトロイト・タイガースとの日米野球に出場している。
そして、その後、66年・ロサンゼルス・ドジャース、68年・セントルイス・カージナルス、71年・ボルチモア・オリオールズ、74年・ニューヨーク・メッツ、78年・シンシナティ・レッズとの計6球団との日米野球に出場した。

この日米野球での張本氏の通算成績は42試合で128打数32安打、打率2割5分、2本塁打、14打点。
なお、当時の日米野球での日本チームは全日本だけでなく1球団単独や数球団の連合チームの場合もあったため、張本氏がすべての試合に出場したわけではないが、その勝敗は107戦で日本の28勝69敗10分。勝率2割6分2厘と大きく負け越しているのだ。

また、その頃の日米野球は日本のファンからも真剣勝負と受け止められていなかった。
もちろん日本選手はメジャーのチームに一泡吹かせてやろうと全力でプレーしただろうが、メジャー側は長いレギュラーシーズンを終えた後、極東の日本まで観光がてらに来ると言われていた。それでいてアメリカが圧倒する状態だったのだ。

当時はそれほど実力差があった。その中で張本氏の打率2割5分、14打点はよくやった方と評価していいのではないだろうか。
ちなみに同時期に日米野球に出場した長嶋茂雄氏の通算成績は69試合で打率2割9分5厘、6本塁打、27打点、王貞治氏は109試合で打率2割5分6厘、25本塁打、61打点。日本を代表する2人の大打者はメジャー相手でも十分対等にできる実力を示したのだ。

引用元:diamond.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

【顔画像】森翔馬(20)、稲岡和彦容疑者(42)を逮捕 加古川ダム殺人事件 死体遺棄の疑い

兵庫県加古川市権現ダム湖衣装ケース遺体遺棄事件 犯人の男2人を逮捕...

【謎】行方不明2歳児よしきちゃん発見されるも不可解な点が多く様々な考察が!真相は誘拐か神隠し?

山口県周防大島町に家族と帰省していた2歳男児が、帰省先の家の周辺で行方がわからな...

【2ランスクイズ】高校野球準々決勝 金足農業がツーランスクイズでサヨナラ!土壇場での大逆転に驚きの声

【火事】新座市花火大会『柳瀬川ふれあい祭り』会場付近で火災「火の粉が落ちて中断」

a

【火事】板橋区徳丸6丁目のアパートなどで大きな火災 7棟燃える 80代の男性がケガ 8/18

東京都板橋区徳丸6丁目のアパート火災

【ネット工作?】東京五輪のボランティア応募する人続出も、ツイートが定型文

これはあからさま 自分磨きの一種?として2020年のオリンピックボランティアに...

まとめ作者