2017年12月30日更新
グルメ 魚介類

【グルメ】京都舞鶴名産の味☆丹後とり貝

京都のブランド貝として近年認定されて人気となっている、舞鶴産の名物、丹後とり貝のグルメ紹介まとめです。

2110
1

丹後とり貝とは

画像を拡大

トリガイは、ホタテやアサリと同じ二枚貝の仲間で、北海道を除く日本各地の内湾域に分布しており、寿司だねとしても利用される高級貝です。

トリガイは高水温に弱く、水温が高くなると抵抗力が低下し、環境の影響(特に酸素不足)により死亡してしまうため、多くの地域では夏を迎える前に漁獲されます。しかし、丹後では夏を越えて2年近く生育するため、大型に成長することができます。そのため、丹後の舞鶴湾、栗田湾、宮津湾は、大型の天然トリガイが漁獲される、日本有数の優良漁場として知られています。

出典:www.pref.kyoto.jp

しかし、丹後で漁獲される大型の天然トリガイは、年によっては全く漁獲できないなど、豊凶の差が非常に激しいことから、大変貴重で高価なものとなっていました。

画像を拡大

「丹後とり貝」は、海洋センターで生産された種苗(稚貝)を、漁業者が、内湾(舞鶴湾、栗田湾、宮津湾、久美浜湾)でアンスラサイトという砂状の粒(石炭の一種)が入ったコンテナに入れ、約一年かけて丁寧に育成した京都府のブランドトリガイです。
一般に流通しているトリガイの殻の大きさが6cm前後に対して京都府産のものは8.5cm以上(大サイズ)と大型です。丹後地方の海は一年中トリガイにとって住みやすい穏やかな環境であり、プランクトンも豊富ですので大きく育つのです。

出典:kyoto-kankou.or.jp
出展:Youtube

日本一の大きさの丹後 鳥貝

天橋立の宮津湾では7月1日から 鳥貝の漁が解禁となりました。 大きさ味とも日本一と歌われていますが、残念ながら天然物はごくごく...

丹後とり貝のおいしい食べ方

画像を拡大

刺身

大きくて甘い身は、そのままお刺身で食べて十分楽しめます。

出典:torigai.miyazu-et.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク

画像を拡大

炙り

うまみの強い貝ですので、火にかけて水分を飛ばしても、うまみが凝縮されおいしいです。

出典:www.travelnews.co.jp

動画ギャラリー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

グルメの新着

魚介大好き日本人の好む魚卵

世界の中でも特に多くの魚介類を愛し、食べる日本人ならではのたくさんの魚卵の料理や...

美味しんぼでも紹介された栄養満点の家庭料理「及第粥(きゅうだいがゆ)」

かつては科挙に合格するために家庭で作られていたと言われる及第粥(きゅうだいがゆ)...

おいしくて独特なヤギ乳チーズのシェーブルチーズ

独特の風味や酸味でファンも多く、世界でも広く愛されているシェーブルチーズの紹介ま...

9月18日発売の『大人なガリガリ君マスカット』☆早くも「めちゃ美味い!」と絶賛の声

赤城乳業の氷菓ガリガリ君シリーズに『大人なガリガリ君マスカット』が登場!果汁55...

【名店閉店/うどん】梅田の名店「はがくれ」30年の幕を下ろし9/25に閉店!最後に味わおうと多数行列

うどんにかける生(き)じょうゆは2往復半」。名物店主がユーモアたっぷりに食べ方を...

端午の節句によく食べる祝いの食べ物のちまきっていったい

日本では、端午の節句の祝いの食べ物として、また、持ち運び、持ち帰りの携行食として...

アクセスランキング

まとめ作者