2017年03月12日更新
松本山雅FC ブーイング FC岐阜

【見にくい】J2で大ブーイング発生!FC岐阜がホームなのにユニフォームを着替えたため。

サッカー、松本、ユニフォーム交換、パスミス。

1850
0

ユニフォームが被ってる!パスミスも。

後半開始と同時に岐阜側が白色のセカンドユニフォームに着替えてピッチに登場。→ブーイングに。

前後半でユニフォームの色が変わる珍ハプニングが発生した。J2第3節が12日、各地で行われ、FC岐阜はホームの岐阜メモリアルセンター長良川競技場で松本山雅FCと対戦した。

 “事件”は前半11分に起きた。岐阜のMF永島悠史が敵陣で味方と勘違いし、松本MF工藤浩平にパス。さらに工藤も岐阜FW田中パウロ淳一にパスしてしまった。ユニフォームはホームの岐阜が緑、アウェーの松本はグレーだったが、色が識別しにくいことから立て続けにパスミスが起こり、選手や大木武監督が抗議。審判とともに両チームの選手、監督がピッチ上で協議した。試合は約3分間中断となったが、中断時間はノーカウントとして試合はそのまま続行となった。

 すると、後半開始と同時に岐阜側が白色のセカンドユニフォームに着替えてピッチに登場。前後半で選手が別の色のユニフォームに着替えるという異例の事態となった。
引用元:web.gekisaka.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者