2018年04月12日更新
ウマ娘 umamusume 競馬

【ウマ娘 プリティーダービー】スペシャルウィークが主人公に選ばれた理由を考察してみた

アニメ『ウマ娘 プリティーダービー』で主人公に選ばれたのはスペシャルウィークでした。なんであえて知名度が低い馬を選んだの?と思うところですが、「適度に負けているのでスポ根作品と相性がいい」、「個性豊かなライバルが多かったので面白い」など、主人公にふさわしい理由がいろいろあることが判明しました。

17659
0

それほど有名ではないスペシャルウィークがなぜ主人公に選ばれたのか?

画像を拡大

1話冒頭、スペシャルウィークは電車内で出会った親子に「私、スペシャルウィークって言います!」と名乗っていました。

競馬に詳しくない人の多くは、このシーンで「変な名前だな。まさか、そんな名前の馬がいるの?全然聞いたことないんだけど」と思ったはず。実際、スペシャルウィークはそこまで知名度の高い馬ではありません。

出典:1話
画像を拡大

こちらは2015年に優駿という競馬雑誌で行われた『未来に語り継ぎたい名馬』の投票結果。残念ながらスペシャルウィークはトップ10に入ることすらできず、18位どまりでした。アニメにも出ているオグリキャップやウオッカ、サイレンススズカのほうが順位は上でした。

「それならオグリキャップのほうが主人公にふさわしかったのでは?」と思った人も多いはず。しかし、知名度以外の部分でスペシャルウィークには主人公にふさわしい理由がいろいろあったのだと思われます。それをひとつひとつ説明していきます。

出典:prc.jp

理由1:勝ったり負けたりを繰り返した

画像を拡大

3話でスペシャルウィークは弥生賞では勝ったものの、皐月賞では3位に終わりました。これは史実通りの結果です。負けたレースもそのまま再現する方針と見ていいでしょう。

では、史実におけるスペシャルウィークの戦績はどんな感じだったかというと、17戦して10勝7敗。連勝があまり続かず(3連勝が最高)、ちょくちょく負けていたのが特徴的でした。

出典:3話

ウマ娘のプロデューサー石原氏は、雑誌のインタビューで「ビジュアルの雰囲気だけ見ると女の子たちがキャッキャするような華やかなアニメと思われるかもしれませんが、中身はガッツリとスポ根なので」と語っています。そういう方針でアニメを作る場合、スペシャルウィークぐらいの戦績のほうが、負ける悔しさとその後の成長を描くことができて、都合が良かったのだと思われます。

逆に、めちゃくちゃ強い馬、例えばシンボリルドルフを主人公にしていたとしたら、デビューから8連勝しているので、俺つええ主人公無双アニメみたいになってしまっていたはずです。

理由2:差しの戦法を使うことが多かった

スポンサーリンク

スポンサーリンク

画像を拡大

史実ではスペシャルウィークは3歳の頃は差しの戦法を使っていて、4歳になってからは先行という戦法も覚えたのですが、最終的にはまた差しの戦法に戻しました。

出典:3話

差しの戦法で勝つ場合は、レース序盤は後方でスタミナを温存して、レース終盤に一気に他の馬を抜き去って勝つという展開になります。そういう逆転勝ちはアニメにしたときに非常に盛り上がるので、戦法的にスペシャルウィークは主人公にふさわしかったのだと思われます。

逆に、逃げの戦法を得意としたサイレンススズカを主人公にしてしまっていたら、ひたすら主人公が1位を独走し、ほかの馬が「無理~」と言い続けるだけのつまらないアニメになっていたはずです。

理由3:怪我をしなかった

画像を拡大

スペシャルウィークは引退まで大きな怪我や病気をすることがなく、コンスタントにレースに出走し続けました。サラブレッドの脚は「ガラスの脚」などと形容されるほどに故障が発生しやすいものなので、これはけっこうすごいことです。

出典:3話

そういう丈夫な体を持っていたおかげなのか、スペシャルウィークは負けるにしても善戦することが多く、負けた7戦のうち、ボロ負けしたのは1戦だけで、残り6戦は2位・3位になることができていました。

普通の視聴者は主人公に感情移入してアニメを見るはずで、その主人公がレース中に故障してしまったり、怪我が原因で実力を出しきれずに終わってしまっては楽しいはずがありません。その点、スペシャルウィークなら負けるにしても惜しいところまではいってくれるので、主人公にふさわしかったのだと思われます。

理由4:ライバルが豊富

画像を拡大

スペシャルウィークは勝ったり負けたりを繰り返した馬だったとさきほど説明しました。そういう戦績になったのは同世代(1995年生まれ)にエルコンドルパサー、グラスワンダー、セイウンスカイ、キングヘイローという強い馬がいたせいです。また、世代は少し違いますがメジロブライト、テイエム‌オペラオー、エアグルーヴも脅威となる存在でした。

出典:umamusume.jp

スペシャルウィークを主人公に据えれば、自然にそういったライバルたちをアニメに登場させることができます。ウマ娘のアニメはソシャゲの宣伝という位置づけだと思うので、いろんなキャラに興味を持ってもらうことが大事だったはず。そういった点で、スペシャルウィークは主人公役としてちょうどよかったのだと思われます。

また、ライバルたちが個性豊かだったこともアニメを盛り上げる上で都合が良かったのだと思われます。2chではライバルたちの特徴を次のように表現している人がいました。

雑草魂系ライバル セイウンスカイ
金持ち系かませ キングヘイロー
一部かませ系実力派天才 エルコンドルパサー
幼馴染系ラスボス グラスワンダー
‌かませ系ベテラン先輩 メジロブライト
ベテラン女先輩 エアグルーヴ
最強系後輩 テイエム‌オペラオー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

趣味の新着

仮面ライダージオウ 第4話!みんなの感想まとめ

9月23日、EP04「ノーコンティニュー2016」

「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」第33話!みんなの感想まとめ

第33回「僕等は少年快盗団」

ゲゲゲの鬼太郎の第25話!みんなの感想まとめ

9月23日放送、第25話「くびれ鬼の呪詛」 

「HUGっと!プリキュア」第33話!みんなの感想まとめ

9月23日、第33話「要注意!クライアス社の採用活動!?」

プロの動き?本田翼がゲーム配信! DBD(デッドバイデイライト)が上手いと話題に

一緒にゲームしたいの声続出、生放送、上手すぎ、感想

【郎報】シャニマス1stライブ決定! 2019年3月9日・10日開催 チケット争奪戦は不可避

、『アイドルマスター シャイニーカラーズ(シャニマス)』のステージイベント「トー...

アクセスランキング

まとめ作者