2024年03月18日更新
ウマ娘 umamusume 考察

【ウマ娘 プリティーダービー】強さが大体分かる!各キャラの重賞レース勝利数ランキング!

各キャラの強さがわかっていたほうがアニメを楽しく見られるという人もいると思うので、各キャラが史実でどのぐらい重賞レースを勝ったかを調べて、ランキング形式でまとめてみました。レース結果についても言及しているのでネタバレが嫌な人はご注意を。最弱は連敗しまくったあの人、最強は王冠をかぶっているリギルの…。

55057
0

重賞レースとは

出典:1話
中央競馬では重賞レースというひときわ賞金の高いレースが存在します。重賞レースにはG1、G2、G3というようにグレードが設定されており、G1がもっとも格上となっています。

この記事では重賞レースでの勝利数順に主要なウマ娘をランク付けしてみました。G1勝利数が多い方を上とし、等しい場合はG2で比較、G2も同じならG3で比較しています。

このランキングは誰がどのぐらいの強さなのか、ざっくりと把握したい場合に役立つはずです。ただ、このランキングが正確な強さランキングになっているわけではありませんので注意してください。理由は次の通りです。

・重賞レースは新設されたり、グレードが変わったりすることがあるから、生まれ年の異なる馬の比較は不公平になる
・昔は外国産馬は出走できるレースが限定されていたから、外国産馬は不利になる
・同年代に強いライバルが多かった馬が不利になる
・短期間にずば抜けた活躍をした馬より、長く安定して活躍した馬が有利になる

1位:テイエム‌オペラオー

出典:OP
性別:牡
誕生:1996年
通算:26戦14勝
G1:7勝
G2:4勝
G3:1勝
他 :2勝
ウマ娘ではあんまり強キャラ感がないため、なぜか王冠をかぶっている変な人というイメージを持っている人が多いと思いますが、史実では超強い馬で、なんと獲得賞金総額は歴代2位(1位はキタサンブラック)。特に全盛期だった2000年には8戦して全勝(G1で5勝、G2で3勝)という信じがたい強さを発揮し、「世紀末覇王」と呼ばれました。

2位:シンボリルドルフ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:OP
性別:牡
誕生:1981年
通算:16戦13勝
G1:7勝
G2:1勝
G3:2勝
他 :3勝
ウマ娘では生徒会長を務めており、カリスマ的存在として描かれています。史実でも『初めて無敗でクラシック三冠を達成』、『初めてG1で7勝』など、歴史を塗り替える活躍をし、「皇帝」と呼ばれました。無敗でクラシック三冠を達成した馬は、シンボリルドルフのほかにはディープインパクトしかいません。

3位:ウオッカ

出典:OP
性別:牝
誕生:2004年
通算:26戦10勝
G1:7勝
G2:0勝
G3:1勝
他 :2勝
史実では、牝馬でありながら牡馬を抑えて日本ダービーで優勝という快挙を成し遂げています。また、G1で7勝もしており、史上2番目に強い牝馬と評価されることが多いです(最強として名前が挙がりがちなのはジェンティルドンナ)。ウマ娘でボーイッシュなキャラとして描かれているのはそういった史実を反映したものでしょう。

4位:ゴールドシップ

出典:4話
性別:牡
誕生:2009年
通算:28戦13勝
G1:6勝
G2:4勝
G3:1勝
他 :2勝
ヤンチャな馬だったことを反映して、ウマ娘では遊び人キャラとして描かれているため、弱い馬だったと思っている人が多いはず。確かに、史実でもゲートが開いた瞬間に2本脚で立ち上がってしまい大きく出遅れて負けたりとやらかしは多かったです。しかし、調子(機嫌?)の良いときはめちゃくちゃ強く、スタミナを活かしたロングスパートを武器にG1で6勝もしています。やらかしが多かったのにそれだけの実績を残しているわけですから、持っていた素質は凄かったのだと思われます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5位:ナリタブライアン

出典:OP
性別:牡
誕生:1991年
通算:21戦12勝
G1:5勝
G2:3勝
G3:1勝
他 :3勝
史実では、7頭しかいないクラシック三冠達成馬の1頭です。ウマ娘に登場しているキャラでクラシック三冠達成したのはこのキャラのほかにはシンボリルドルフだけ。故障が多かったため、成績が伸び悩みましたが、故障前は「シンボリルドルフより上」「史上最強馬」と評価されることもありました。

6位:タイキシャトル

出典:OP
性別:牡
誕生:1994年
通算:13戦11勝
G1:5勝
G2:2勝
G3:1勝
他 :3勝
ウマ娘でハナさんから「日本一の短距離ウマ娘」と評されていたように、史実において短距離レースで勝ちまくりました。現在でも1600mの最強馬として、モーリスの次ぐらいによく名前が挙がります。国内でも国外でも、芝でもダートでも、晴れでも大雨でも、力を出し切ることができたのが特徴。海外G1を制した功績が評価され、外国産馬としては初めてJRAの年度代表馬に選ばれました。年度代表馬に選ばれた外国産馬はこの馬のほかには2頭しかいません(エルコンドルパサー、シンボリクリスエス)。

7位:メジロマックイーン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:OP
性別:牡
誕生:1987年
通算:21戦12勝
G1:4勝
G2:5勝
G3:0勝
他 :3勝
6歳まで現役を続け、そして、成績が落ちなかった珍しい馬です。持久力に優れ、長距離戦を得意にしていました。3200mならディープインパクトよりも強かったと評価する人もいます。OPで雨のレースが描かれているように、雨で重くなった馬場が得意だったのが特徴。実はゴールドシップの祖父です。ゴールドシップも6歳まで現役を続け、持久力を武器にしていました。やはり祖父と孫は似るのだなという感じ。

8位:オグリキャップ

出典:www.youtube.com
性別:牡
誕生:1985年
通算:32戦22勝
G1:4勝
G2:4勝
G3:4勝
他 :10勝
ウマ娘では大食いしている姿がときどき描かれるモブキャラみたいになっています。しかし、史実では地方競馬の笠松競馬場でデビューして12戦10勝の好成績を上げ、勢いそのままに中央競馬に乗り込み、引退までに重賞レースでなんと12勝もしました。これはオペラオーと並んでトップタイの記録です。地方競馬出身の、二流の血統の馬としてはありえない活躍ぶりで、世間からの注目を集め、競馬ブームを引き起こしました。現代では考えられないほどの過酷なローテーションを組まれていたにも関わらず、故障が少なく、故障しても立ち直るタフさがあったのが特徴でした。

9位:スペシャルウィーク

出典:3話
性別:牡
誕生:1995年
通算:17戦10勝
G1:4勝
G2:4勝
G3:1勝
他 :1勝
みなさんご存知、ウマ娘の主人公です。アニメで描かれている通り、様々なライバルと激闘を繰り広げた、主人公属性の強い馬でした。実は、引退までに重賞レースで9勝を上げ、獲得賞金総額で当時1位になっています(今は12位)。それなら、「少なくとも1995年生まれの馬の中では最強だったんでしょ?」と思いたくなりますが、レースで一度もエルコンドルパサーとグラスワンダーに勝てなかったため、3番手という評価を受けることが多いです。まあしかし、その2頭は外国産馬なので、日本産馬としてはトップだったと言えます。ジャパンカップで、海外から参戦したモンジューという当時の欧州最強馬に勝利し、実況から「日本総大将」と呼ばれたこともありました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

趣味の新着

プロレス大好き芸人の疑問『観戦マナーの悪い人への対応』

時代の変化に即した素朴な疑問をXで取り上げ、多彩なファロワーとそうでない相談員が...

マガジンハウス漫画祭り!70%オフで人気コミックを堪能!

マガジンハウスが運営するWEBコミックサイト「SHURO」オープン1周年を記念し...

【悲しい】大人気Vtuberグループによる初の海外ライブ、座席が売れなさすぎて急遽中止

アニメエキスポ2024の期間中にロサンゼルスのPeacock Theaterで開...

【速報】広島・中村奨成インスタ垢削除! 女性ファンのナンパがバレ逃亡か 「背番号を69番に変更しろ」

プロ野球広島カープの中村奨成選手が、楽天ファンの女性のインスタグラム投稿に何度も...

【速報】携帯契約の本人確認、マイナンバーカードの読み取り義務化、運転免許証の確認は廃止

政府が発表したICチップ読み取り義務化の方針に対して、SNS上では多くの反応が寄...

【アニメ】ゆるキャン△の犬山あおいさん、67万円の自転車を親戚からもらう どんだけ金持ちだよ

人気アニメ「ゆるキャン」のキャラクター、犬山あおいちゃんが親戚から67万円もする...

アクセスランキング

【目撃情報】大相撲名古屋場所 客席の最前列に紺野美沙子さん!「溜席に凄い美人がいる」

7月20日、大相撲名古屋場所の観客席に、女優の紺野美沙子さんが姿を現し、SNS上...

【現地画像】足立花火大会 人口密度がヤバすぎる「人がヤバいし治安がヤバい」

足立区の花火大会は、東京都足立区で毎年夏に開催される大規模な花火イベントです。こ...

【現地画像】東京都調布市 味スタのTWICEライブでゲリラ豪雨!「せっかくのライブが。。」

月20日、東京都調布市の味の素スタジアム(通称:味スタ)で開催された人気K-PO...

【動画】横浜高校・村田監督、桐光学園の走者の守備妨害が取られず猛抗議「球場に響く声で審判に怒鳴る」

7月20日、神奈川県高校野球大会の試合中、横浜高校の村田監督が審判に対して激しい...

『2.5次元の誘惑』作者の橋本悠に池沢春人の別ペンネーム説が浮上!検証まとめ!

ジャンププラス新連載漫画『2.5次元の誘惑』の作者、橋本悠先生はペンネームを変更...

【ダイヤ遅延】京急本線 杉田駅で人身事故「先頭車両乗っててすっごい音した…」

20日、京急本線の杉田駅で人身事故が発生し、列車の運行に大きな影響を及ぼしました...

まとめ作者