2018年04月17日更新
バーチャルYouTuber 鳩羽つぐ 考察

鳩羽つぐ 動画#04『買い物』を考察 金魚の水槽を用意してた?

2018年4月15日、鳩羽つぐの動画第4弾『買い物』が公開されたので、さっそく気になるポイントを考察していきます。アクアリウムショップで金魚を買って、家で水槽の準備をしたという流れのようですが、耳たぶに絆創膏をしていたり、室内照明が明らかに家庭用ではなかったりと、いろいろ謎がありました。

8026
0

アクアリウムショップでのセリフ

画像を拡大

今回は比較的、セリフが聞き取りやすかったです。ほぼ確実に「この子にしました」です。

この場面、よく見ると鳩羽つぐは大きい袋と小さい袋を持っていて、小さい袋には水と金魚らしきものが入っています。水槽の中にいる大量の金魚の中から一匹選んで、その選んだ1匹を「この子」と表現していたと考えていいでしょう。

出典:www.youtube.com
画像を拡大

縁日の金魚すくいで金魚を捕まえるとこんな感じでビニール袋に入れて渡されますが、おそらく、鳩羽つぐもこんな感じで金魚を受け取ったのだと思われます。

大きいほうの袋には金魚を飼育するための器具がいろいろ入っていたと考えられます。

出典:wakuwaku3.com

アクアリウムショップのぶくぶく音

画像を拡大

「この子にしました」と言ってるときに、機械が駆動するような「ゴォォォ」という音と、泡が出るような「ぶくぶく」という音がずっとしていました。

それらはおそらく、水槽のエアポンプの音と思われます。エアポンプは水槽内に空気を送り込むための装置で、水槽内の酸素濃度を高める効果があります。

出典:bottleaqua-domino.seesaa.net

お店のモデル

画像を拡大

モデルは西荻窪にあるイソップという店ではないかとYoutubeコメント欄で指摘している人がいました。

確かに外観がよく似ていますし、このお店は金魚や鯉など魚をメインに扱うお店なので、売り物も一致しています。水槽に白い文字が書き込まれているところも一致。

出典:www.google.co.jp

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文字解読

画像を拡大

明るさを調整したら、多少読めるようになりました。道端に咲いてる花はタンポポ?

和金 → 金魚の品種名
1匹500 → 値段?やや高い
エゾウグイ → 淡水魚
雉子鮮魚 → 姫丁鮮魚かも

金魚の水槽の左上の文字は「ヤマメは店内に移動しました」かも。モデルの店ではそう書いてあります。

出典:www.youtube.com

絆創膏

画像を拡大

鳩羽つぐの左耳の耳たぶに注目です。なんと絆創膏が貼られていたのです!さきほどのお店のシーンでも貼ってありました。

今までの動画ではどうだったかというと、

出典:www.youtube.com
画像を拡大

もちろん絆創膏などありませんでした。というか、冷静に考えて耳たぶを怪我するというのはどういう状況なんでしょうか。

出典:www.youtube.com

ピアスの穴を開けた説がありますが、通常、女性が片耳にピアスの穴を開ける場合は右耳を選ぶものなので、有力ではありません。

現状、採血した説が有力と思われます。耳たぶからの採血は耳朶採血といって、痛みが少なく、また、採血部位が当人には見えずに済むという利点から、微量の採血で十分な場合に用いられます。1970年~1980年代においては、小学校に入学したときに耳朶採血によって血液型検査をしていたそうです。よって、鳩羽つぐも健康診断かなにかを受けたと考えるのが妥当と思います。あるいは、鳩羽つぐは研究対象として監視されている存在で日常的に検査を受けているなどと考えることもできそうです。

机の上に置かれていた物

画像を拡大

画面右、カーテンのあたりに半円状のガラスのようなものが映っていましたが、これは水槽の輪郭と思われます。ガラス製の金魚鉢っぽい?

画面左に映っている物体は影の大きさから考えて、そう大きな物ではなさそう。水槽が入っていた箱でしょうか。

出典:www.youtube.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク

趣味の新着

アクセスランキング

まとめ作者