【これはひどい】実写映画『進撃の巨人』が酷すぎるとのことでファン激怒 (#゚Д゚)!!

実写映画『進撃の巨人』が公開されましたが、その内容が酷すぎるとファンが激怒です。

10663
0

実写映画『進撃の巨人』

出展:Youtube

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』プロモーション映像

公開日:2015年8月1日・9月19日連続公開 公式サイト:www.shingeki-seyo.com (C)2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 (C)諫山創/講談社.

評価も2.14 点 と低めなようです。(8/1現在)

ネットの反応は…

・落胆の気持ちも大きい
監督として樋口真嗣先生、脚本家として町山智浩先生を迎え、ファンが大きく期待していた作品だけに、落胆の気持ちも大きいようだ。では具体的にどんな部分がアウトだったのか? 実際に観た人たちの声からダメな部分をまとめてみた。

・映画『進撃の巨人』のダメな部分
立体機動シーンの迫力なし
攻撃に重み(強さ)を感じない
巨人がオッサンオバサンにしか見えない
エレンやミカサのキャラ設定がおかしい
不要なラブシーン

・映画『進撃の巨人』の感想
「映画界のゴミの結晶」
「前日の夜にマッドマックスみてヒイッとかいっぱいなったから巨人のエグさが半減」
「豪華なキャスト陣だけの中身のないゴミ映画」
「自称クリエイターの方々が自己満で作っただけの学芸会の作品レベル」
「もしも劇場に足を運ばれる方は、なるべく端っこの途中で退席のし易い場所での観賞をお勧めいたします」
「エレンやミカサを期待して観ると、この上ないギャップ」
「漫画とは別物として見ても酷い。ベッドシーンいる?」
引用元:blog.livedoor.jp(引用元へはこちらから)

Twitterでも酷すぎるとの反応が

趣味の新着

アクセスランキング

まとめ作者