2016年11月05日更新
渡部香生子 銀メダル 世界選手権

“第2の岩崎恭子” 渡部香生子が日本新記録で、見事に銀メダル!

水泳の世界選手権第11日は3日、当地で行われ、競泳女子 200メートル個人メドレー決勝は、18歳で早大1年の渡部香生子(かなこ)=JSS立石 =が2分8秒45の日本新記録で銀メダルを獲得した。

2652
0

日本新記録で銀メダルを獲得

渡部香生子(18=JSS立石)が準決勝で出した日本記録2分9秒61を大幅に塗り替える2分8秒45の日本新記録で銀メダルを獲得した。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今大会の日本競泳陣メダル第1号

前半の2種目を最下位の8番手で終えると、先月のスペイン・グラナダ合宿で習得した勢いよく回るターンで得意の平泳ぎに入る

なめらかに水面を滑るように泳ぐと一気に差は縮まり、ラスト50メートルでメダル圏内の4位に上がる

ラスト50メートルの自由形は30秒11で泳ぎ、さらに2人を抜き去った

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者