【ステマ】日本人、今年もボジョレーヌーボー(試飲用のワイン)をありがたがって飲んでしまう。

ワイン業者の陰謀

112
0

ボジョレーヌヴォー解禁

フランスの詩人ビクトル・ユゴーは「神は水を作ったが、人はワインを作った」と言い、小説家ゲーテは「ワインのない食事は太陽の出ない一日」と言うなど、ワインの妖艶な力に魅了される人は数知れません。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
いよいよ新酒ボジョレー・ヌーボーの解禁が明日(16日)に迫っていますが、2017年のワインの出来はどうなのでしょう。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
ボジョレー栽培醸造研究機関のChatelet氏によると、今年のワインは「酸味と果実味とタンニンが見事なバランスで整っている。今世紀最高の出来と言われた2015年を彷彿とさせる芳醇さがあり、溌剌さとエレガンスさも兼ね揃えている」とのことで、かなり評価が高いようです。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
今年のワインは希少かつ至高の逸品。多くの生産者の方々の苦労と、悪天に耐え抜いたブドウに感謝をし、2017年のボジョレーをいただきたいと思います。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

本来は試飲用のワインだけどなぜか日本だとありがたがって飲んでる人がおおい

ボージョレーワイン (フランス語: Vignoble du Beaujolais)とは、フランスワインの1つ。ローヌ県北部、ソーヌ=エ=ロワール県の数箇所のコミューンで生産されている。ブルゴーニュワインの1種類とされている。生産地域は、マコンとリヨンの間、ボジョレー地方の山のふもとである。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎年11月第3木曜日に解禁される、特産品の新酒をボージョレー・ヌヴォー (仏: Beaujolais nouveau) という。以前はその年のブドウの出来栄えをチェックすることを主な目的としたもので、ワイン業者が主な顧客であったが、その後、解禁日をイベントとして、新酒として大々的に売る販売戦略や販売手法が確立され、現在はフランスでも、日本と同じ目的で一般の消費者向けに売られている(ブルゴーニュ地域圏のマコネー (Maconnais) 地区に隣接する地のワインはブルゴーニュ・ワインに分類される)。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

ネットの声

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

【悲報】クローズアップ現代、40代パラサイトシングルが70代親の年金で養われ結婚もできず仕事は非正規

家事手伝いやアルバイトで20代30代を終え、結婚もできず、40で非正規の事務職の...

ドクターX最終回で35億円の請求が登場w

冗談だけど、本当は5000万、ブルゾン、最終回の請求額

【大門ノート】私、患者でも失敗しないので・・・大門がオペされる側に

私、患者でも失敗しないので、人工血管、ノートに感動、字が綺麗、パワーワード 私失...

【ドクターX 大門未知子】最終回に感動する人が続出。ツイッターの反応まとめ。2017/12/14

いよいよ最終回。 Twitterの反応が凄まじすぎた。 感動する人続出!...

【飛び降り自殺?転落?】イオン県央店で女性が重体 新潟県燕市井土巻

日テレ「ダウンタウンDX」矢本悠馬さん初出演、柴咲コウと「付き合いてえ!」

現在「おんな城主直虎」に出演中の矢本悠馬さんが初出演、驚きの爆笑トーク炸裂...

アクセスランキング

まとめ作者