【ダイヤのA actⅡ 124話】尋常じゃない汗はチームを引っ張るプレッシャー?こんな時御幸がいれば

ダイヤのA感想まとめ

352
0

あらすじ

回も互いに無失点で3回表、沢村はまたも無失点に抑える
3回裏、明石は9番の沢村を四球で出塁させるも
続く白洲のいい当たりをショートが上手く処理し無失点

未だヒットこそ打たれてないが四球2つで特に沢村への四球は勿体なく
こういうとこから崩れることもある投手なので心配
沢村も許したヒットは1本で西邦にまともにバットを振らせず2巡目

4回表、一之瀬が足を上げないノーステップでに打ちいい当たりだったがレフトライナー
続く明石も足を上げずボールのチェンジアップを見送る
追い込まれるとノーステップで打ちにくるチームだが
目線がブレずミートに徹するこの打ち方で沢村のムービングを芯で捉えようとする
ギリギリまで引き付けて打つなら詰まらせばいいと奥村はストレートを指示するが
明石は詰まらせながらもストレートを外野へ運びヒット

-回想
奥村は沢村にしばらく7と11は封印するように言われたことを思い出す
奥村は最初自分に預けられないからかと思い不機嫌になるが
手強いチームに奥の手はここぞというところまで取っておくため
最初から全力だった沢村が何も考えていないと思っていた奥村は驚き謝る
沢村は別に奥村にリードを丸投げしてるわけではなく自分なりに考えていた
-回想終わり

ピンチだと感じた奥村は奥の手を要求するが沢村はまだ慌てる場面じゃないと首を振る
奥村は2をインコースに要求

一塁に牽制する沢村

野球なんだからヒットは打たれて当たり前、打たれることを怖がってたらここには立てない
こんなもんピンチじゃないと思う沢村

沢村の球に5番一条は詰まり5-4-3のゲッツーでチェンジ

川上は沢村のナイスピッチを褒めつつも4回でこの量の汗をかくのが気になっていた

みんなの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者