飯塚幸三元院長はリクルート事件の当事者 福島原発の原子炉設置変更にも関与池袋暴走事故

飯塚幸三が関与したリクルート事件とはリクルートコスモス社の未公開株が賄賂として配られた事件です。この事件では元NTT会長であった真藤恒氏が有罪判決を受けていますが、中曽根康弘、竹下登多くの政治家が関わっていました。また飯塚幸三は原子力委員会専門部会核融合会議に所属する人物でした。

1380
0

リクルート事件にも関与し国会に呼ばれていた

リクルート事件(リクルートじけん)とは、1988年(昭和63年)6月18日に発覚した日本の贈収賄事件である。

リクルートの関連会社であり、未上場の不動産会社、リクルートコスモス社の未公開株が賄賂として譲渡された。贈賄側のリクルート社関係者と、収賄側の政治家や官僚らが逮捕され、政界・官界・マスコミを揺るがす、大スキャンダルとなった。

当時、第二次世界大戦後の日本においての最大の企業犯罪であり、また贈収賄事件とされた。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

飯塚幸三元院長は福島原発に関与

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者