2018年06月24日更新
西郷どん 第24回 感想

NHK大河ドラマ『西郷どん』第24回「地の果てにて」感想まとめ

6月24日放送

191
0
<西郷どん>第24回「地の果てにて」 吉之助、愛加那と再会も幸せな時間は続かず…

6/24(日) 10:30配信 まんたんウェブ

 俳優の鈴木亮平さん主演のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の第24回「地の果てにて」が24日に放送される(NHK総合で午後8時ほか)。

薩摩の国父・島津久光(青木崇高さん)の厳命に背いた罪で、徳之島に流された吉之助(鈴木さん)は、愛加那(二階堂ふみさん)との思わぬ再会に歓喜する。

しかし、幸せな時間は長くは続かず、吉之助はさらに南の“地の果て”へと追いやられ……。


 徳之島に流された吉之助のもとに、愛加那が2人の幼子を連れてやってくる。

そこで、つかの間の穏やかな日々を過ごす吉之助だったが、藩命によってさらに南の沖永良部(おきのえらぶ)島に流されることになり、愛する家族と離ればなれになってしまう。

“地の果て”で吉之助を待っていたのは、野ざらしの牢(ろう)に入れられるという極めて異例の極刑。

そこに酒に酔った謎の男・川口雪篷(石橋蓮司さん)が現れる。


 一方、京の治安を取り戻した功績を朝廷に認められ、意気揚々と江戸へと上った久光は、将軍後見役となった慶喜(松田翔太さん)と対面を果たすが、慶喜から散々こき下ろされ、“世の中のことが分かっていない、ただの芋”扱いされてしまう。

 「西郷どん」は、明治維新150年となる2018年放送の大河ドラマ57作目。

薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた西郷隆盛(吉之助)の愚直な姿にカリスマ藩主・島津斉彬が目を留める。

斉彬の密命を担い、西郷は江戸へ京都へと奔走。勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、革命家へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく……という内容。

 第23回「寺田屋騒動」は、京で吉之助は、有馬(増田修一朗さん)たちを思いとどまらせようと力を尽くすが、下関を勝手に離れたことに久光は激怒。

切腹は免れない状況に。

吉之助の行動を責めつつ、友を救えない自分の無力さを嘆く一蔵(瑛太さん)。

ほどなくして吉之助は捕らえられ、久光のもとへ送られる。やがて京の旅籠(はたご)「寺田屋」には、有馬ら倒幕派の浪士が集結。

久光はその動きを察知し、大山(北村有起哉さん)を寺田屋に向かわせるが……という展開だった。

引用元:まんたんウェブ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

アクセスランキング

まとめ作者