2017年12月16日更新
直木賞 ふたご saori

セカオワ・Saoriの小説『ふたご』が直木賞ノミネート!ピース・又吉の『火花』に続く大ヒット確定か?

Saoriは今年10月、自身初となる小説『ふたご』を上梓。すでに10万部を突破している話題作だが、バンドメンバーであるFukaseらとの関係を彷彿とさせる私小説的な内容は、ファンに衝撃を与えている。

115
0

ソース

2017年下半期の直木三十五賞で、SEKAI NO OWARIの“Saori”こと藤崎彩織の『ふたご』(文藝春秋)が、最終候補作品にノミネートされることがわかった。近日中に発表される見込みという。一昨年はピース・又吉直樹の『火花』(同)が芥川賞受賞となり、門外漢の受賞には賛否あったが、またしても同様の騒動が繰り返されるのだろうか。
引用元:news.nifty.com(引用元へはこちらから)

文藝春秋は「週刊文春」でレコード大賞が出来レースであることを再三批判しているが、ブーメランになるかも

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

【野球】イチロー地元・中日で日本球界復帰? 球団が正式オファー、森監督「話は進めている」

中日が、マーリンズからFAになったイチロー外野手(44)の獲得を目指して、正式に...

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」 キャスト公開 目玉親父(声:野沢雅子・81歳)、鬼太郎が沢城みゆき

故・水木しげるさん原作の人気アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」が、9年ぶりに 新作アニメと...

【訃報】青春学園ドラマに出演 夏木陽介さん 腎細胞がんで死去 81歳

ご冥福をお祈りします

ゲゲゲの鬼太郎 6期の放送開始に伴い3月でドラゴンボール超の放送終了か みんなの反応

ゲゲゲの鬼太郎

どうなる新元号!?マジからネタまで大量に登場

いよいよ来年に迫った天皇退位、元号の切り替わり、一時代の切り替わりに立ち会う現代...

【殺害予告】豊橋駅で無差別殺人予告か ネット上に書き込み 警察出動で警戒態勢

警察

アクセスランキング

まとめ作者