2018年01月21日更新
グルメ チーズ 珍味

臭い!?でもおいしい!?好みの分かれる絶品チーズのブルーチーズ

アオカビを用いた匂いの強烈なブルーチーズ。好みは大変分かれるところですが好きな人にはたまらない最高のチーズです。

731
1

ブルーチーズとは

画像を拡大

ブルーチーズ(英語:blue cheese、フランス語:bleu)は、牛乳もしくは羊乳をもとに作られるチーズの一種であり、アオカビ(青黴)によって熟成を行うナチュラルチーズ。語源は青を表すフランク語の blao という説と、凝固させるという意味のプロヴァンス語 broussa という説がある。
用いられるアオカビはブルーチーズの種類ごとにそれぞれ異なる。

出典:blog.goo.ne.jp
画像を拡大

カマンベールのようなシロカビ(ペニシリウム・カメンベルティ、Penicillium camemberti)熟成タイプのナチュラルチーズと違い、アオカビ(ゴルゴンゾーラではPenicillium galaucum等、ロックフォール、スティルトンではPenicillium roqueforti)を使い、表面ではなく内部にカビを繁殖させる。 カビの生育のためには空気が必要なので、カード(凝乳)を圧縮したり過熱したりせずに型に入れ、カード片の間の隙間を潰さないようにしてカビの繁殖面をチーズ内部に確保する。 さらに、針などで穴を開けて隙間を作り、空気の流通を図る。

出典:wein.exblog.jp
画像を拡大

ブルーチーズには数多くの種類が存在するが、代表的なものはフランスのロックフォール、イタリアのゴルゴンゾーラ、イングランドのスティルトンであり、これらを日本では俗に「世界三大ブルーチーズ」と呼ぶこともある。 このうち、ロックフォールは羊乳を原料としている。

出典:kotobank.jp
出展:Youtube

サン・ブリッジ ブルーチーズカット.wmv

海外より空輸したブルーチーズを店頭で販売しやすいサイズにカットし、包装します.

料理にも

画像を拡大

においは強烈ですが、愛好家も多く、トーストなどに乗せてオーブンで熱をかけてトロトロにすると絶品です。

出典:blog.livedoor.jp

スポンサーリンク

スポンサーリンク

画像を拡大

ペンネのような癖のないものにかけて、ブルーチーズの個性を楽しむ料理も多いです。パスタ類にはだいたいマッチします。

出典:blog.livedoor.jp
画像を拡大

ピザに乗せて、わざと個性の強いピザにすることも。

出典:www.pizza-rosso.com
画像を拡大

真のブルーチーズ好きですと、シンプルにクラッカーに乗せ、ワインなどといただく、という、ブルーチーズそのものを楽しむことも。

出典:cheese-senka.com

評判

スポンサーリンク

スポンサーリンク

グルメの新着

千葉で人気のおいしいご当地ラーメンの竹岡式ラーメン

千葉県三大ご当地ラーメンのひとつで、シンプルなスープと乾麺が特徴の竹岡式ラーメン...

「メシの時に客の前で店長がスタッフを怒鳴るのやめてほしい」、ネット上の意見に共感の声多数

よくある光景、やめてほしい

冬を乗り切る健康グルメ生姜(ショウガ)

寒い冬を健康に乗り切るために、高い健康効果を持つ生姜(ショウガ)を用いた食のご紹...

【炎上】マクドナルド公式「長すぎる縦書きツイート」に批判殺到

日本マクドナルドが21日、ツイッターに投稿した「縦書き」ツイートが批判されて炎上...

【悲報】ラーメン二郎閉店ラッシュがめざましテレビで取り上げられ全国的な社会問題に 原因はワンオペ?

次は男前ラーメン

麺好き日本人なら好きで当たり前?のビーフン料理

麺好きで、米食民族の日本人ならなじみがあってしかるべきの、米粉の麺食材、ビーフン...

アクセスランキング

衣笠祥雄が癌で死去か?声のかすれは病気が原因?と話題に!!

衣笠祥雄が癌で死去か?声のかすれは病気が原因?と話題に!

徳島アナ結婚!お相手は誰?みんなの反応まとめ

徳島えりかアナウンサーがZIPで結婚を発表

【訃報】衣笠祥雄さんが死去 解説でかすれ声だったのは病気が原因? 突然の報に悲しみの声

衣笠祥雄

衣笠祥雄氏死去 死因は大腸がん 解説での「かすれ声」に心配の声があがっていた

衣笠祥雄さんが大腸がんで他界。71歳でした。

久保田匡慶が仲野志帆を刺した?顔画像やFacebookは?事件の詳細まとめ!

15年前、神奈川県で26歳の女性が男に刺されて死亡した事件で、指名手配されていた...

【ウマ娘 プリティーダービー】5話の元ネタ・小ネタの考察まとめ

アニメ『ウマ娘』5話に登場した、史実由来のネタや、気づきづらい小ネタをまとめまし...

まとめ作者