2017年06月30日更新
滋賀県大津市内 保育所 死亡事故

何かがおかしい?滋賀県大津市内の保育所で起きた死亡事故、原因解明へ

滋賀県、保育園、死亡事故、昼寝中、熱性けいれんになり、もどした食べ物を喉に詰まらせたのが死因、大津市内の認可保育所に通っていた、りゅうとちゃん。

1046
0

大津市内の保育所で起きた園児の死亡事故

昼寝中、熱性けいれんになり、もどした食べ物を喉に詰まらせたのが死因

 3年前に大津市内の保育所で起きた園児の死亡事故を巡り、原因を検証する委員会が設置されることが6月30日決まりました。

 大津市内の認可保育所に通っていた、りゅうとちゃん。年少組4歳の夏、昼寝中に意識を失って救急搬送。病院で死亡しました。

 「急に職場に電話がかかってきて『息をしてないんです』という状態で」(母親)
 「公園とかで遊んでいる子を見ても、大きくなっていたら、生きててくれたら、あんなふうに遊んでいたのかなぁとか」(父親)

 昼寝中、熱性けいれんになり、もどした食べ物を喉に詰まらせたのが死因だったとされています。昼寝は午後1時に始まり保育士が異変に気付いたのは2時半でした。当時、りゅうとちゃんは保育士がいた机からきわめて近いところ、しかも、保育士のほうに顔を向けて寝ていたといいます。

 「それなら異変に気づくはずではないのか」両親は当時の行動を説明するよう保育所に求めましたが園側は「園児を見守ったり室内で作業を行ったりしていた」という説明を繰り返したといいます。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
大津市内の私立保育園で2014年7月、昼寝中の男児=当時(4)=が嘔吐(おうと)物をのどに詰まらせて窒息死していたことが8日までに分かった。園側は安全管理態勢に問題はなかったとするが、保護者は園側の説明は不十分として真相解明を大津市に要望。市は外部検証委員会を近く設置する方針だ。

引用元:www.kyoto-np.co.jp(引用元へはこちらから)

大津市に関する画像

PC / インターネットの新着

アクセスランキング

まとめ作者