2017年07月07日更新
月がきれい 文学 考察

【月がきれい】各話サブタイトルの元ネタと思われる文学作品まとめ!本編ともちょっとリンクしてる!

2話のサブタイ『一握の砂』は石川啄木の歌集。おそらく、2話で茜の芋マスコットがポケットから滑り落ちた様子と、握った砂がこぼれ落ちる様子を重ねているのだと思われます。他の回についても、本編と元ネタ作品の間に何かしら関連性を見出すことができます。1話から最終回12話まで対応。

9794
0

1話『春と修羅』 → 宮沢賢治の詩集

画像を拡大

『春と修羅』という詩集の中に、詩集タイトルと同名のタイトルの詩が含まれています。

出典:blogs.yahoo.co.jp
《詩集の解説》
「心象の はいいろはがね(灰色鋼)から」で始まる本作は、「おれはひとりの修羅なのだ」という箇所に象徴される、主人公「おれ」の自己規定もしくは自己宣言を伴った内容となっている。また、春(の情景)と心象風景という「内面と外景」「光と影」といった対比が印象的で、これは他の賢治作品にもしばしば見られる特徴となる。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
画像を拡大

"春"については、1話の季節が春だったのでそのまんまですね。"修羅"については、本当はファンタを飲みたいのに茜の視線を気にして大人ぶってアイスコーヒーを飲むというような、小太郎の心理的葛藤を表していたのではないかと。

出典:1話

2話『一握の砂』 → 石川啄木の歌集

画像を拡大

歌集タイトルの元になったと思われる詩は下記の通り。

***********************
いのちなき砂のかなしさよ
さらさらと
握れば指のあひだより落つ
***********************

出典:d.hatena.ne.jp
《詩の解説》
主体性のない砂のように、社会の流れに押し流されるこの自分の悲しさよ。掴まえた幸福も、気を緩めると砂と同じように逃げていく。
引用元:blogs.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
画像を拡大

茜のポケットから無情にも滑り落ちていってしまった芋マスコットが"一握の砂"のような存在だったということでしょう。あるいは、周囲から影響を受けて緊張してしまいやすい茜が、"一握の砂"のような流されやすい存在だという意味もあったのかも。

出典:2話

3話『月に吠える』 → 萩原朔太郎の詩集

画像を拡大

この詩集の中に『月に吠える』という詩はないのですが、月に吠える犬が登場する詩はあります。そして、月に吠える犬がどういう存在なのかについては、この詩集の序文で次のように説明されています。

***********************
月に吠える、それは正しく君の悲しい心である。冬になつて私のところの白い小犬もいよいよ吠える。

月に吠える犬は、自分の影に怪しみ恐れて吠えるのである。疾患する犬の心に、月は青白い幽霊のやうな不吉の謎である。
***********************

出典:ameblo.jp
画像を拡大

月明かりの下で茜に告白した小太郎が、"月に吠える犬"のような存在だったということなのでしょう。小太郎は元ネタの犬のように病んでいたわけではないので、関連度はちょっと低そうですが、まあでも、小太郎にも「他の男に茜をとられてしまうかも」という不安や焦りみたいな気持ちはあったのでは?

出典:3話

4話『通り雨』 → 宮本百合子の小説

『通り雨』で検索しても有名な作品がヒットしないため、元ネタは何だろうと気になっていた人も多いはず。ですが、なんと2017年5月4日に開催された一挙上映イベントで、宮本百合子の小説が元ネタだと明かされました!

小説の内容を調べても全く情報が見つからなかったので実際に読んでみたところ、「家の庭で畳の取替え作業をしていたところ、雨が降ってきたため、畳を家の中に避難させないといけなくなり面倒なことになるが、最後には雨が止む」という日常の一コマを描いたような話でした。

画像を拡大

4話は、雨が降ってきて会えなくなりかけて大ピンチと思ったけど、交際できることになって雨も止んで全然セーフ、という展開でした。ほぼ元ネタ通りの展開だったと言えるのでは?

出典:4話

.

趣味の新着

アニメ『ようこそ実力至上主義の教室へ』で使われた哲学者の名言まとめ

『ようこそ実力至上主義の教室へ』は俺TUEEE系の学園アニメでありながら、「真の...

ニワトリと同じ?ウーマン村本「芸人はテレビの家畜」と発言する

ニワトリは最高の家畜、アイドルは○○の家畜、社会人は○○の家畜、家畜化社会と日本...

【活撃刀剣乱舞8話】薬研と馬の場面で高橋タクロヲの問題発言に公式が謝罪!泥酔状態に可笑しすぎると炎上

高橋タクロヲの問題発言に公式が謝罪。いろいろと可笑しい。

【プリンセス・プリンシパル】7話の小ネタ考察 プリンセスが変装しなくても大丈夫だった理由、など

アニメ『プリンセス・プリンシパル』7話に登場した細かいネタのまとめです。「プリシ...

小田急小田原線 玉川学園前駅で人身事故「飛び降り自殺。車両の下に入ってしまった」

愛知県出身の緑黄色社会、関ジャムで特集される 2017/8/20

名古屋発、リョクシャカ 2017/8/21 日本の男女混成4人組バンド。愛知県出...

アクセスランキング

まとめ作者