東日本豪雨で狩野川放水路が大活躍!放水のしくみと場所の解説【画像あり】

静岡県を浸水から救ったと話題の狩野川放水路!2個のトンネルを経由して海につながる構造が特徴的です!狩野川放水路の普段の様子と、東日本豪雨での様子を画像を使って説明し、どんなしくみで放水が行われているのか分かるようにしてみました!

5405
0

狩野川放水路のしくみ

画像を拡大

普段の様子。画像の奥を右から左に狩野川が流れている。手前が狩野川放水路。狩野川が増水して、中央の堰を超える水位になると、放水路に水が流れ込んでいく仕組み。

出典:portal.nifty.com

狩野川放水路の東日本豪雨での活躍の様子

画像を拡大

東日本豪雨での様子。水位が堰の高さを超えて放水路に流れ込んでいる。水色の可動堰も開放され、全力で放水が行われている。

出典:p.twipple.jp
画像を拡大

画面左が狩野川。右が放水路。狩野川の水位が高くなりすぎて、堰があるのかないのかわからなくなってる。

出典:twitter.com

狩野川放水路が無ければ静岡が危なかった

狩野川放水路の場所はどこ?

画像を拡大

南から北へ流れる狩野川(図の青線)から、西に伸びているのが狩野川放水路(図の赤線)。狩野川放水路は途中の2箇所がトンネルになっており、陸地を突っ切っているのが特徴。狩野川放水路の出口は海。

出典:s1.gazo.cc
画像を拡大

手前から奥に狩野川が流れている。駿河湾に注ぎこむ狩野川放水路が中央に描かれている。

出典:izugeopark.org

旅行 / 地域情報の新着

アクセスランキング

まとめ作者