【文春砲】鹿島アントラーズ、ACL優勝後に選手泥酔で飛行機出発を遅らせる「両脇を抱えられ口から涎」

鹿島の面々はイランから日本への乗り継ぎのため、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ国際空港にいた。

765
0
カウンターの職員はしかめっ面で、泥酔男に搭乗拒否を告げたという。

「中東は酒に厳格で、麻薬と同じ扱いの国もありますからね。ただイランよりも多少寛容なUAEでは空港内のお店などでは飲酒可能ですから、祝杯のつもりが飲みすぎたのでしょう」(同前)

 目撃談を総合すると、当該人物は鹿島のA選手とみられる。同選手が急きょ搭乗を取りやめたため、「荷物の運び出しを行う」旨、アナウンスがあったという。結局同便は約1時間遅れで離陸、到着も遅れた。

「私の知人は、九州へ行く予定だったのに乗り継ぎに間に合わず。私も予定のバスに乗れませんでした。なのに、一言の謝罪もなく、成田で偉そうに取材に応対している鹿島の選手の姿に憤りを覚えました」(乗客)


 この乗客は、憤懣やるかたなく、その後、鹿島に抗議の電話を掛けたという。「電話に応対した職員にこう言われました。『その選手は、時差ボケ予防の薬とともに酒を飲んだため、酩酊してしまったようです。本当に申し訳ございません』」
引用元:bunshun.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者