2018年04月18日更新
仙台 南北線 停電

18日夕方、仙台市営地下鉄南北線で停電が発生し、18日終電まで運休19日始発以降の運転も未定

地下鉄南北線不通で、仙台駅前がいまだ混乱中

231
0
仙台市 地下鉄南北線 停電ストップ 終電まで「運休」19日も「未定」

4/18(水) 21:03配信 仙台放送


18日夕方、仙台市営地下鉄南北線で停電が発生し、市交通局は、18日終電までの「運休」を決めました。

19日の始発以降の運転についても「未定」としています。

18日午後5時15分ごろ、地下鉄南北線の愛宕橋駅と富沢駅の間で停電が発生しました。

この影響で地下鉄南北線は20時55分現在も全線で運転がストップしています。


地下鉄の利用客

「どれくらいかかるのか心配で明日も仕事なのでできたら早く帰りたい」

仙台市交通局会見

「申し訳ありません」


仙台市交通局によりますと八乙女駅近くで起きた架線の火災で4つの変電所が停電しました。

架線に何らかのトラブルが起きたということですが詳しい原因はまだ分かっていません。

この停電により利用客7万人以上の足に影響が出ました。

市交通局では20時45分現在「臨時バス」を出して対応していますが、仙台駅のバスやタクシー乗り場では長い列ができました。

市交通局では今夜中の復旧は難しいとして終電までの運休を決めました。

19日の始発以降についても再開の見通しは立っていません。

一方、地下鉄「東西線」は停電の影響はなく平常運転となっています。


最終更新:4/18(水) 21:08
仙台放送

引用元:仙台放送

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

アマゾン日本法人が1000人を技術職を新規採用! 日本企業は人材流出の大ピンチ?

マゾンの日本法人は22日、技術職を中心に社員を新たに1千人採用すると発表...

【日大コメント全文】宮川泰介選手の会見を受けて、日大広報部が文書でコメント

日大側は『つぶせ』は『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味...

危険タックルをした日大アメフト宮川泰介選手(20歳)の会見、同情の声多数

会見で真摯に反省し真実を話した日大の選手に対して同情する声多数...

【日大アメフト部】反則タックルをした宮川泰介選手(20歳)会見

22日、午後2時45分より日本記者クラブで会見

【悲報】栗城史多さん、登山のプロに「99.999%無理死ぬ」と警告されていた

登山ライター森山憲一のブログより

名古屋市役所で職員など32人が結核に集団感染、うち6人が発病

麻疹の次は結核?

アクセスランキング

まとめ作者