【コンクリート・レボルティオ】各話のストーリーを時系列に沿ってまとめ直してみた【あらすじ】の10枚目の画像

出典:matomame.jp(出典元へはこちらから)

誘拐事件が起きたとき、爾朗は「天弓ナイトが誘拐などするはずが無い」と考え、現場に向かうことにした。しかし、爾朗が到着したとき、すでに天弓ナイトは炎に包まれていた。(8話)

実は天弓ナイトは子供たちを保護しようとしていただけで、身代金の要求などしていなかった。また、焼死ではなく謀殺であり、指示したのは孫竹だった。事件後、孫竹は大鉄以外の子供は死亡したと発表したが、実は裏で子供たちを実験に利用していた。このとき誘拐された子供の中には神も含まれていた。(12話)

【コンクリート・レボルティオ】各話のストーリーを時系列に沿ってまとめ直してみた【あらすじ】

アニメ「コンクリート・レボルティオ」は時系列の入れ替わりが激しいため、ストーリーについていけなくなった人も多いのではないでしょうか。そこで、各話の重要な事件を過去から未来へと時系列順に並べ直して整理し、さらに各事件の詳しい解説をつけ、あらすじを理解できるようにしてみました!随時更新、13話分追加!

趣味の最新まとめ