2016年07月06日更新
プレミア12 ダルビッシュ 野球

【野球】ダルビッシュ「プレミア12」を批判「選手寿命すり減る」 ファン「野球を見たい、水差すな」

あなたはどっちに賛成?

291
0
テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有(29)が「世界野球プレミア12」準決勝で日本代表・侍ジャパンが
韓国に逆転負けを喫した19日、自身のツイッターを更新して、この時期に大会を開くことへ疑問を投げかけた。

 リハビリ中のダルビッシュは「もう12月になりそうなのにバリバリ野球やっていて選手たちは
身体大丈夫なのか?」と「プレミア12」で熱戦を繰り広げる選手たちの体を心配した。

 この意見に野球ファンが食いつき、ツイッターは大論争になっている。

 ダルビッシュは、シーズンを通してトップリーグを戦い抜いた主力メンバーが体をケアしなければならない
この時期に、連戦で真剣勝負をするのは、選手寿命を縮めるだけ、という持論を展開。

 フォロワーからの「メジャーリーガーが国際大会に多く出ないのは単に疲労を
蓄積させたくないからなんですか?」との問いには「MLBの場合はシーズン試合数+移動距離等
でいっぱいいっぱいですが、そもそも球団が出したがらないですよね」と指摘。

 さらに「今見てるファンにとってはいいかもですが選手寿命がすり減るのは明確なので未来の
野球ファンの楽しみが減ることも明確です。視野を広げましょう」「デメリットしかない大会に出て
ケガをするのとシーズンでケガをするのは球団側からすると全く違います」などと返答した。

 ダルビッシュのツイートに対し「余計なこと言うなよ。こっちは、野球を見て盛り上がりたいの。
応援したいの。お前みたいに冷めてないんだよ」など反論するものもあった。

 別のフォロワーは「選手達を思っての発言だから、水差しと言ってる人たちは筋違い。
NPBとファンは選手達の健康も考慮すべき」とダルビッシュに賛同した。

 するとダルビッシュは「本当なにが水さしなのか全くわからん(笑)」と断じた。

 2009年の第2回WBC(開催時期はシーズン直前)で日の丸を背負い、世界一になったエースの
持論だけに説得力は十分だ。

 また、同じ考えなのが、巨人などで活躍した400勝投手の金田正一氏だ。金田氏は雑誌などで
「この季節は、選手は体を休める時期」として、侍ジャパンの不参加を強く求めていた。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者