2017年04月21日更新
貴族探偵 フジテレビ 相葉雅紀

フジテレビ「なんでお前ら月9を見てくれないの!??嵐を使った!予算1億円かけた!完璧だろ??」

フジテレビが看板枠の“月9ドラマ”30周年記念作品として放送を始めた人気グループ「嵐」の相葉雅紀(34)主演ドラマ「貴族探偵」が、初回視聴率11・8%で船出した。予算を度外視し、脇を固める俳優陣に主役級を揃え復権を目指したものの、まさかの“低空スタート”。

385
0

ソース

フジテレビが看板枠の“月9ドラマ”30周年記念作品として放送を始めた人気グループ「嵐」の相葉雅紀(34)主演ドラマ「貴族探偵」が、初回視聴率11・8%で船出した。予算を度外視し、脇を固める俳優陣に主役級を揃え復権を目指したものの、まさかの“低空スタート”。これが決定打になるとささやかれているのが、同局トップ人事を巡る動きだ。

(省略)

 フジ関係者によると「1本あたりの制作費はなんと1億円超え。相葉のギャラだけで300万超。他のキャストを加えるとギャラだけで3000万はいってしまう。これにスタッフの人件費、美術、技術、ロケ先の宿泊費などもろもろ合わせるとNHK大河ドラマ以上とも言われている。全話合わせれば、映画が撮れる金額なんです」。

(省略)

だが、結果は最低ラインの15%にも届かない視聴率だったため、早くも主演の相葉を外すプランまで飛び出しているという。

相葉主演“月9ドラマ”低空スタートでフジ亀山社長“退陣論”にトドメ
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/676936/

みんなの感想

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者