【過保護のカホコ】ばぁばはカホコに全てを託し、最期の別れを…「辛すぎ」「祖母思い出す」感涙の声続々

テレビドラマ「過保護のカホコ」(日本テレビ系・毎週水曜夜10:00~)9月6日9話が放送された。ばぁばカホコとはじめくんの前で息を引き取る…家族集まり最期の時を 出演:高畑充希 黒木瞳 竹内涼真 時任三郎 久保田紗友 夙川アトム 濱田マリ 三田佳子 平泉成 ほか

1224
0

第9話 過保護のカホコ「誓い」

高畑充希が民放ドラマ初主演を務め、「家政婦のミタ」(2011年日本テレビ系)などの遊川和彦が脚本を手掛けるオリジナル作品。両親に溺愛され過保護に育てられた主人公・カホコ(高畑)が、世の中を知りながら成長する姿と、変化していく家族の絆を描く。母・泉役は黒木瞳、父・正高役は時任三郎。
引用元:thetv.jp(引用元へはこちらから)
初代(三田佳子)が病院に運ばれる。泉(黒木瞳)ら親族は病院に駆け付けるが、また言い争いを始めてしまう。さらに環(中島ひろ子)が衛(佐藤二朗)との離婚を考えていることが判明し、カホコ(高畑充希)は大慌て。次々と起こる問題を目の当たりにするうちに、目を覚ました初代が家に帰りたいと言いだす。
引用元:thetv.jp(引用元へはこちらから)

Twitterの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者